• ホーム
  • 芸能
  • ジョイマン、解散危機で露出増も「今の月収は13万円」

ジョイマン、解散危機で露出増も「今の月収は13万円」

 お笑いコンビ・ジョイマン高木晋哉が18日、都内で行われた『誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展』オープニングイベントに来場。7月7日の七夕ならぬ「なななな〜の日」に、ルミネtheよしもとで解散をかけた単独ライブ『ここにいるよ。』を開催するが「それが思ったより良くて、びっくりしている。(満席の458席のうち)残りは、本当に100枚足らず。完売しそう。ここからなんとか手売りとかしていって、完売に持っていきたいですね」と笑顔で明かした。

カズレーザー、先月の給料は?金額を暴露 「月収隠さない芸人だから言っちゃう」


 解散をかけた単独ライブの発表以降、じわりじわりと注目を集めているジョイマン。この日のイベントの紹介にも「芸能界での生き残りをかけて活動している、ウォーリーに似ているジョイマン高木晋哉さんが来場」との表記があり、奇しくも“解散危機”で露出が増えた形となったが「一番ヒドい時は月収3〜4万円とかの時期がすごくあったんですけど、今は月収13万円くらいまで何とか持ち直しています」と懐事情も打ち明けた。

 イベントでは単独ライブの告知をかけて、同展のチラシから10秒以内でウォーリーを探すチャレンジに挑戦。惜しくも失敗してしまい「残念、ミカ・ハッキネン」と悔しがりながらも「ウォーリーウォーリー、水を冷やしたら氷。ウォーリーをさがせ!展、テレサ・テンバク転。なななな〜7月7日、単独ライブ〜来てくださいザーサイ」とネタに絡めて、しっかりアピールした。

 単独でのイベント出演は、かなり久しぶりのようで「ひとりでっていうのは、初めてに等しいくらい。相方(池谷和志)は吉本坂の方で忙しいみたいで…」と充実ぶりにアピールするも「週の半分は、スケジュールが埋まっていなくて、ヒマです。僕はウォーリーと違って、自ら隠れているわけではないんですけど」と嘆いていた。

 同展は、東京・松屋銀座8階イベントスクエアにて、きょう18日から5月7日まで開催される。



関連写真

  • 懐事情も打ち明けたジョイマン・高木晋哉 (C)ORICON NewS inc.
  • ウォーリー姿で登場したジョイマン・高木晋哉 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス