• ホーム
  • 芸能
  • マツコ、CAへの憧れ爆発「一度はやっておきたかった!」

マツコ、CAへの憧れ爆発「一度はやっておきたかった!」

 タレントのマツコ・デラックスが14日に放送される日本テレビ系バラエティー番組『マツコ会議』(後11:15)に出演。毎回、様々な場所から中継をつなぐ同番組だが、この日の放送では航空会社・ANAのCA(キャビンアテンダント)のOG会に潜入。誰もが憧れる花形職業の彼女たちが、引退後どのように生活しているのかを探る。「やっぱりCAは一度はやっておきたかった」と憧れを告白するマツコは、制服への思い入れを爆発させる。

【写真】その他の写真を見る


 25年前に20年間CAを勤めていたという女性に当時の写真を見せてもらうと、歴代の制服がズラリ。それを見たマツコは「長いこといらっしゃったのね!三宅一生さんから芦田淳さんまで全部着てるのね!」「私芦田淳さんのピンストライプの制服すごい好きだった。お姉さん遠慮されてブルー着られてるけど、ピンクのやつもあってね」「その前の黄色いリボンのやつは色違いでブルーもありましたよね」とすっかり夢中に。

 引退後の女性たちは、旅行会社の経営やマナー講師、出版社など思い思いの職業についているが、そろいもそろって目を見張るほどの美しさ。マツコが「今おいくつなんですか?」と尋ねると、見た目より10歳以上も上の実年齢の持ち主が続出し、「キレイ!」「お若い!」「同じ生命体とは思えない!」とそのたびにどよめきが起きる。

 また親子2代CAという、娘と姉妹のような見た目のお母さんや、マツコが「東京タワーと(スタイルで)いい勝負できる」と驚いたピラティス・スタジオの経営者など、若さを保ちつづける美しい元CAたちが登場する。



関連写真

  • 14日の日本テレビ系『マツコ会議』ではCAたちのOG会を中継 (C)日本テレビ
  • 14日の日本テレビ系『マツコ会議』ではCAたちのOG会を中継 (C)日本テレビ

オリコントピックス