月亭可朝さん、急性肺線維症で死去 80歳

 落語家・漫談家の月亭可朝(本名・鈴木傑=すずき・まさる)さんが3月28日午前3時28分、急性肺線維症のため兵庫県内の病院で亡くなった。80歳。4月9日、上方落語協会が伝えた。

 可朝さんは1938年神奈川生まれ。幼い頃、大阪に移り住んでいる。58年に染丸に入門し染奴を名乗ったが、のちに初代月亭可朝に改名。69年にはコミックソング「嘆きのボイン」がヒットした。2001年には参院選に出馬するも落選している。直弟子に月亭八方、孫弟子に八光、方正がいる。

 同協会によると、通夜および告別式は密葬にて執り行われた。



オリコントピックス