• ホーム
  • 芸能
  • バカリズム異色のフリップ番組 演出・竹内誠氏が見どころをアピール「笑える教育番組です」

バカリズム異色のフリップ番組 演出・竹内誠氏が見どころをアピール「笑える教育番組です」

 ピン芸人のバカリズムが日常生活で感じている疑問について、得意の“フリップ”を使って発表していくフジテレビ系バラエティー特番『バカリズムのそこスルーする?』(後11:00〜12:00)が、きょう4日に放送される。収録後に行われた囲み取材で、バカリズムが「テレビですごいことをやらせてもらったなという感覚がありました」と語っていたが、同番組の演出を手がける竹内誠氏も「出会って8年。ようやく、バカリズムさんとやりたい番組が完成しました」と言葉に力を込めている。

【写真】その他の写真を見る


 番組では、よくよく考えてみるとおかしい状況にも関わらず、気付かないでいる様子を「スルー」と呼び、バカリズムが世の中にあふれる「スルー」の中からテーマをひとつ選び、フリップを使って疑問に感じることを説明。それを受けて、同局の鈴木芳彦アナウンサーが調査結果を発表し、さらに議論を深めていくという内容で、ゲストには、伊集院光青山テルマ遠藤憲一が出演する。

 バカリズムの大ファンだという竹内氏は「おもしろいのはもちろんですが、どこか知的好奇心をくすぐってくれる、そこにひかれます。去年の『27時間テレビ』でも『にほんのれきし』のタテ企画として11回登場し、フリップを124枚も描いてもらいました」と回顧。「今回はバカリズム的視点で世の中の“当たり前”を疑って見るという企画です。今、子供の教育の最先端も、ものごとを一方的に教わる時代が終わり、まずものごとをおかしくないかと疑ってみるという時代に変わってきています。そういう意味では、子供たちにもぜひ見てもらいたい笑える教育番組だと、僕もバカリズムさんも思っています」と呼びかけた。

 番組が出来上がるまでの過程についても「ネタはバカリズムさんとスタッフの会議を重ねて、一緒に考えました。今回描いてもらったフリップは、109枚。これが全ておもしろい」と絶賛した上で「その中でも特にバカリズム的視点のすごみを感じたのは『さるかに合戦』です。気になる点を指摘し、新しい『さるかに合戦』を考えて紹介しています」と見どころをアピールした。

■『バカリズムのそこスルーする?』番組紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=cj5GAZHg1i0



関連写真

  • フリップ中心の新番組に手応えをにじませたバカリズム (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系バラエティー特番『バカリズムのそこスルーする?』に出演する(左から)鈴木芳彦アナウンサー、遠藤憲一、バカリズム、青山テルマ、伊集院光 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系バラエティー特番『バカリズムのそこスルーする?』に出演するバカリズム (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス