• ホーム
  • 芸能
  • 羽生結弦の凱旋報告イベント、最終日を生中継

羽生結弦の凱旋報告イベント、最終日を生中継

 2月の平昌オリンピックで男子フィギュアスケート66年ぶりの2大会連続金メダルを獲得した羽生結弦選手。その凱旋報告イベント『Continues 〜with Wings〜』(コンティニューズ・ウィズ・ウィングス)が今月13日から15日までの3日間、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催される。その最終日の公演が、CS「テレ朝チャンネル2」で生中継される。

 イベントタイトルは、羽生選手自身が悩みぬいて命名したもの。羽生選手はリハビリ加療中のため、スケーティングでの出演予定はないが、これまでのフィギュアスケート人生に関わった人々、そして応援してくれたファンへの感謝の気持ち込めて開催される。公演のチケットはすでに完売となっている。

 番組名は『Continues 〜with Wings〜 羽生結弦 凱旋、そして感謝の公演<生中継>』(15日 後1:00〜)。主音声は実況・解説付き、副音声はイベントの臨場感そのままに会場音のみで放送される。同チャンネルは、スカパー!、スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光、ひかりTV、auひかり、J:COM、またはケーブルテレビで視聴できる。

■羽生結弦選手のコメント
 私がスケーターとして成長をしていく中で、影響を受けた、そして、影響だけでなく、いろいろなものを、受け継がせていただいた方々にご出演いただきます。そのつながりに対する感謝の気持ち、誰も一人ではできない、何かのつながりがあって、生きていく。スケートを通して受け継ぎ、伝えていく。偉大なスケーターの方々の演技をご覧いただき、その“継承”を皆様が感じて下さればと思っています。

■出演スケーター
エフゲニー・プルシェンコ
ジェフリー・バトル
シェイ=リーン・ボーン
ジョニー・ウィアー
川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ
無良崇人
佐野稔



オリコントピックス