• ホーム
  • 芸能
  • KBC長岡大雅アナ、大人気番組『ドォーモ』への感謝 夕方ニュース挑戦に覚悟

KBC長岡大雅アナ、大人気番組『ドォーモ』への感謝 夕方ニュース挑戦に覚悟

 10月で放送30年目を迎える九州・KBCテレビの大人気バラエティー番組『ドォーモ』(月〜木 深0:15〜1:10/九州5局ネット)。九州で知らない人はいないと言っても過言ではない同番組に、6年半前に東京から「何も知らない」状態でリポーターとして放り込まれたアナウンサーがいた。その人物の名前は長岡大雅(29)。もがきながら番組に関わり続けた6年半。先月29日深夜の放送で、大勢の共演者・スタッフに囲まれながら涙の卒業を果たした直後の長岡アナに、ORICON NEWSではインタビューを敢行。番組へのあふれる思い、きょう2日から25年半ぶりに大幅なリニューアルされる九州・沖縄ネットのニュース番組『シリタカ!』で進行役を務めるにあたっての心意気を語り尽くしてもらった。

 入社1年目の9月からリポーターという形でお世話になったのですが、僕は東京出身だったので『ドォーモ』という番組を見たことがなくて、何もわからないまま、当時のプロデューサーさんに「来るか?」と誘ってもらって、飛び込んだ世界だったんです。自分の年齢と同じくらい続いている番組だとは夢にも思いませんでした。その時は、自分はすごく面白い人間だと思っていたのですが、番組で最初にお世話になったディレクターの山田さんから「お前のオモロイは、オモロイじゃないから」と言われて、すごくショックを受けましたね。そこから、取材をさせていただく際の人との接し方や、立ち居振る舞いなどをすごく学ばせてもらいました。

 そういえば、『ドォーモ』での1発目のロケが、その当時MCだった山本華世さんと中島浩二さんに、あいさつ代わりにピコピコハンマーで頭を叩きにいくというロケだったんです。お2人は大先輩でレジェンドですから、僕はもうビビリ散らかしました(笑)。それが山田ディレクターとの初ロケで、ビビりながらもピコピコって叩いたんですけど、その後に飲み会があって、山田さんが「お前が『ドォーモ』やめたら、オレもやめるけ」と言ってくれたんですよ。まだ、それほど面識もない中で、そんなことを言ってくれたので、オレはまずこの人を男にしないといけないなと思ったことを覚えています。

 そこから『ドォーモ』でいろんな人にお世話になって、2013年にリニューアルして、山田さんがディレクターからプロデューサーになって、僕をMCに引き上げてくれたことで、僕の中で第2章が始まりました。コンバット満さんと、斉藤ふみさんと3人体制だったんですけど、お2人がずっとやられている中で、僕は入ったばかりの外様という感じで、まだ関係性もできていない中で少しずつコミュニケーションを取って、2人と1人だったのが、3人で番組を進めるというスタイルになっていきました。そこから、岡本啓さんと一緒に日本全国の珍しい道路を回っていく『前略、道路(みち)の上より』コーナーが始まるんですが、自分のすべてをさらけ出さないといけないから、悪い部分が全部出てしまいました(笑)。

 ある時『前略〜』のロケをしていたら、言葉が出なくなって泣いてしまったことがあるんです。「ちょっと、そのコメントは違うな」というのを繰り返していくうちに、自分の言葉が、のどまで出かかっているのに、追い込まれてしまって、言葉に出せなくなった。ただ面白いと思うコメントも出ない、自分のいる意味も感じられない…といろんな思いがめぐって涙になったんです。そのロケは、自分の中でも大きなきっかけになって、何か自分の中で変わったものはありました。こうやって思い出していくとキリがないんですけど、僕が福岡に来て、KBCに入ってからの人生そのものがほぼ『ドォーモ』だったんです。だから、朝起きても、休みの日でも「これはロケで使えるかな」とか「次のロケでは、どう振る舞おうかな。ゲストさんのこと調べないと」というように、ずっと番組のことを考えていました。

 最初は番組のために自分が面白くなったら、全体が面白くなると考えていたのですが、次第に『ドォーモ』全体が面白くなるためにはどうしたらいいだろう…みたいなことを考え始めたりして、いろんな人たちのことを見ることができるようになりました。そうなると、ディレクターさん、出演者のみなさん、ゲストの方…もうすべてを愛してしまっていたんです(笑)。びっくりするくらい好きなんですよ。こういう番組が最初の出会いって、本当に勘弁してほしいですよ(笑)。番組では車を2台買いましたし、元彼女や今の彼女が出てきたり、本当に何もかもをさらけ出しながら、やってきました。入社当時はスポーツアナウンサーになりたかったんですけど、気付いたら全く違う方向に走っていっていました(笑)。

 4月からは後輩の三澤(澄也)が『ドォーモ』に来てくれるんですけど、『ドォーモ』がもっともっといろんなところに広がって、視聴率も良くなって、みんなから愛されてくれたなっていうことを心から思っています。自分は夕方の『シリタカ!』で、ニュースを伝える立場になりますが“ドォーモ出身”として行く気持ちを持っています。だから『シリタカ!』でうまくいかなかったりすると、おこがましい話ですけど、『ドォーモ』の顔にも泥を塗ることになりかねないので、これまで『ドォーモ』で培ってきたものを活かしたいです。『ドォーモ』でやってきたやつは。夕方の番組でも通用するんだと思ってもらえたらうれしいです。僕も初めての経験で知ることがいっぱいあるので、そこへの不安と緊張はありますけど、『ドォーモ』出身のアナウンサーで『シリタカ!』という土俵でもちゃんとやっているんだなというのを見てもらいたいです。



関連写真

  • (左から)コンバット満、長岡大雅アナウンサー、斉藤ふみ (C)ORICON NewS inc.
  • スタッフ・キャストが勢ぞろい 長岡大雅アナ『ドォーモ』卒業後のスタジオ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス