• ホーム
  • 芸能
  • 吉本興業、ノーベル平和賞受賞のムハマド・ユヌス博士と会社設立

吉本興業、ノーベル平和賞受賞のムハマド・ユヌス博士と会社設立

 吉本興業は、2006年にノーベル平和賞を受賞したバングラデシュの経済学者のムハマド・ユヌス博士と、同博士が提唱する「ユヌス・ソーシャルビジネス」の実践と普及に向けた提携をすることで合意。100%子会社の「ユヌス・よしもとソーシャルアクション株式会社(yySA)」を2月1日に立ち上げた。28日に東京・日比谷の日本外国特派員協会で概要発表会見が行われ、ユヌス博士、小林ゆかyySA社長、ゆりやんレトリィバァらが参加した。

【写真】その他の写真を見る


 ユヌス・ソーシャルビジネスとは、利益の最大化を追求する従来型のビジネスモデルではなく、社会が抱える問題をビジネスで解決することが目的。慈善活動とは異なり、経済的に自立することで持続可能な事業を目指す。ユヌス博士は「全く新しい考え方。yySAはそういう理念に基づいて、できあがっています。吉本の家族に入るように説得されました。喜んで家族の一員になりました」と説明し「これから全力を尽くして成功に導けるように努力して参りたい」と意気込んだ。

 ゆりやんは会見の途中で登場。英語のスピーチが途中から日本語になるというネタを披露したが、同時通訳の女性が「うっ」と、ただただため息を漏らし、会場を沸かせた。会見前にもユヌス氏の前でネタを披露したというが、ゆりやんは「1個も笑ってませんでした」と苦笑いで明かしていた。

 ゆりやんのネタを見たユヌス博士は「芸人はパワーを持っている。人の心に直接、訴えるのが冗談だと思っている。非常に難しいと思われがちですけど、芸人の知識を生かして社会問題に貢献することが大切」と芸人への期待を熱く語った。

 会見後、囲み取材に参加したゆりやんは「偶然ですけどユヌスさんと全く同じ考えだった」とテキトー発言。ユヌスさんとの共通点を問われると「息をしたり、ご飯を食べたり」と苦し紛れの回答をして笑わせていた。



関連写真

  • (左から)泉正隆氏、いなのこうすけ(ぺんぎんナッツ)、中村陽介(ぺんぎんナッツ)、坪田信貴氏、ムハマド・ユヌス氏、小林ゆか氏、中村伊知哉氏、ゆりやんレトリィバァ、Monzurul Huq氏 (C)ORICON NewS inc.
  • ムハマド・ユヌス氏 (C)ORICON NewS inc.
  • ゆりやんレトリィバァ (C)ORICON NewS inc.
  • 「ユヌス・よしもとソーシャルアクション株式会社(yySA)」概要発表会見に出席したゆりやんレトリィバァ (C)ORICON NewS inc.
  • 「ユヌス・よしもとソーシャルアクション株式会社(yySA)」概要発表会見に出席したムハマド・ユヌス氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 「ユヌス・よしもとソーシャルアクション株式会社(yySA)」概要発表会見に出席した坪田信貴氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 「ユヌス・よしもとソーシャルアクション株式会社(yySA)」概要発表会見に出席したムハマド・ユヌス氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 「ユヌス・よしもとソーシャルアクション株式会社(yySA)」概要発表会見に出席したぺんぎんナッツ(左から)いなのこうすけ、中村陽介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス