• ホーム
  • 芸能
  • オリラジ中田、『ビビット』卒業 歯に衣着せぬ発言「陳謝して回りたい」

オリラジ中田、『ビビット』卒業 歯に衣着せぬ発言「陳謝して回りたい」

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオ中田敦彦(35)が28日、TBS系朝の情報番組『ビビット』(月〜金 前8:00)に出演し、3年間レギュラーコメンテーターを務めた同番組を卒業することを発表した。

 番組後半で自ら卒業を発表した中田は「3年前、初めてコメンテーターという仕事を仰せつかった。当時まだ32歳でよく社会に物申そうという勇気があったものだなと…」と当初を回顧。そのうえで「楽しかったこと、反省したこと、色々ありました」、また「盛り上がると思って必要以上に(発言が)攻撃的になってしまったこともあった」と省みた。

 時に物議を醸した自身の発言に「今となっては攻撃してしまった人たちに陳謝して回りたい」としみじみ語りつつ、「今後は社会の皆さんに納得してもらえるようにより見識を深め、器を広げ、あいつになにか言ってもらいたいと思われるような人材になりたい」とさらなる飛躍を掲げていた。

 3年間共演したMCの国分太一(43)は「例えば不倫問題とかで僕らがあっちゃんに何かふった時、視聴者や記者の皆さんが『あっちゃん何を言うんだろう』というのがあって、本当にこの『ビビット』を盛り上げてくれた。大変なこともいっぱいあったと思うんですよ」と中田へねぎらいの言葉。

 同じくMCの真矢ミキ(54)も「たくさんリスクを背負いながら自分の考えで攻めてくれたのは本当に素晴らしかったと思います」と噛みしめるように中田へ賛辞をおくっていた。



オリコントピックス