• ホーム
  • 芸能
  • バナナマン設楽統、相方・日村の泥酔姿に衝撃「近年まれに見るくらい酔っていた」

バナナマン設楽統、相方・日村の泥酔姿に衝撃「近年まれに見るくらい酔っていた」

 女優の剛力彩芽(25)、お笑いコンビのバナナマンが、4月5日放送のフジテレビ系『奇跡体験! アンビリバボー春のアニマル映像3時間SP』(後7:00〜9:54)収録後の囲み取材に出席。2012年10月から5代目のスタジオMCとして出演している3人だが、番組タイトルにちなみ「自身に起きたアンビリバボーなこと」を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 先陣を切った設楽統(44)は「この前、日村さんと何人かで食事に行った時に、近年まれに見るくらい酔っ払った日村さんを見て、これはアンビリバボーだなと思いました。すごく陽気だったんですけど、案の定、次の日のロケは気持ち悪くて、しばらく寝ていたらしいんですよ。それでちょっと迷惑かけちゃいました」と告白。

 打ち上げの席以外で、久しぶりの“コンビ飲み”だったという日村勇紀(45)は「そういった、いろんなものがあって、非常にいい酔い方がをしまして…ちょっとご陽気になったんでしょうね」と照れ笑い。「次の日の朝のロケは2日酔いじゃなくて、ただの酔っ払いがロケにやってきたみたいな状態だったみたいで(スタッフが)『これはダメだ』となって、ちょっと寝かせてもらって、午後にしてもらいました。これは反省ですね」と肩を落とした。

 一方、バナナマンと記念日には“プレゼント交換”をしているという剛力は「言い方があれですけど、お2人がくださるプレゼントのセンスがすごくいいんです。この間いただいたパーカもすごくかわいくて、これはどうしてもCMの撮影に使いたいと思って、スタイリストさんに全く同じものを用意してもらいました」とにっこり。設楽もCMを見て、すぐにピンときたようで「何年か前にプレゼントしたものと同じものでCMに出ていて、私服で出ているのかなと思って聞いてみたら、気に入ったから衣装で用意してくれたみたいで」とうれしそうに当時の様子を振り返った。

 番組内でのチームワークについて話題がおよぶと、剛力が「10代からやらせていただいているので、人間的な部分でも成長させてもらっています。バナナマンさんにはいつも助けていただていて、お2人を見習いながら頑張っています」と感謝。設楽が「番組自体に歴史があるので、こうやってやらせてもらっているのはありがたいです」と語ると、日村も続けて「生意気だけど、剛力ちゃんがいい女になった。最初の頃もかわいかったんですけど、なんていうんですかね…女性としての円熟味が出てきましたよね」と絶賛した。

 1997年10月の初回放送時から番組のストーリーテラーとして出演を続けているビートたけし(71)が芸能事務所「オフィス北野」を退社して、4月から新事務所「T.Nゴン」で今までどおり活動していくことが明らかになったが、報道陣から「たけしさんの独立はアンビリバボーだった?」との質問を受けると、設楽が「アンビリバボーでしたね。僕も新聞を読んで知りました。どうなっていくのか、みなさんと一緒にどうなっていくのかを眺めるしかないですね」と率直な思いを打ち明けていた。



関連写真

  • (左から)設楽統、剛力彩芽、日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 剛力彩芽 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系『奇跡体験! アンビリバボー春のアニマル映像3時間SP』収録後の囲み取材に出席した日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系『奇跡体験! アンビリバボー春のアニマル映像3時間SP』収録後の囲み取材に出席した設楽統 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス