• ホーム
  • 芸能
  • 大橋未歩、フリー転身後初収録で戦々恐々「年季の入ったポンコツ」

大橋未歩、フリー転身後初収録で戦々恐々「年季の入ったポンコツ」

 昨年12月にフリーに転身した元テレビ東京・大橋未歩アナウンサーが、27日に放送されるTBS系バラエティー番組『明日は我がミーティング』(後8:57)にゲスト出演する。

 このほど、フリーアナウンサーとして初の番組収録に挑んだ大橋は「ゲストとして初めての仕事だったのですが、今まで私見を述べてはいけないという局アナの立場から、私見を言わなければいけないという立場になってしまったことを再確認し、荒野に丸腰で来てしまったと思いました」と反省。「こんな年季の入ったポンコツにもかかわらず、スタッフの皆様や出演者の皆様があたたかく接してくださり救われました」と、自虐しつつ感謝を込めた。

 同番組は、誰しもに訪れうる“人生の転機”に降りかかるかもしれない失敗や現実を体験した当事者たちが一堂に会し、当事者にしか分からない“明日はわが身”な現実を赤裸々に告白。芸能人がこだわりのマイホームについて語り合う『格安で憧れのマイホーム芸能人ミーティング』のコーナーでは、大橋が築40年のマンションを広々とリフォームした自宅を初公開する。

 MCのくりぃむしちゅー有田哲平とは、テレ東時代に深夜番組での共演歴があるが「当時、私はあだ名でババアと呼ばれていたのですが、あれから数年経ちお互いに本当に年を重ねて共演できていることが感慨深くうれしかったです。本物の爺と婆になれるくらいまで、一緒にお仕事が出来たらと心から思います」と今後の関わりにも期待を込めた。

 また同じくMCを務めたのはバイオリニストの高嶋ちさ子。大橋は「高嶋さんの頭の回転の速さや、筋を通す真っ直ぐなお人柄、そして、番組に対する責任感、人への愛情、どれをとっても同じ女性として憧れるばかりです」と尊敬の眼差し。「高嶋さんに叱られたいという方が多いそうですが、私もフリーとして方向性に迷った時は、高嶋さんにガツン!と喝を入れていただきたいです」とリクエストしていた。



オリコントピックス