• ホーム
  • 映画
  • 若きオールマイトの姿が劇場版で初公開 『僕のヒーローアカデミア』第2弾ビジュアル

若きオールマイトの姿が劇場版で初公開 『僕のヒーローアカデミア』第2弾ビジュアル

 堀越耕平氏の人気漫画『僕のヒーローアカデミア』の劇場版長編アニメーションのタイトルが『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』に決定し、8月3日に公開されることがわかった。併せて第2弾ビジュアルも公開され、「WHO IS YOUR HERO」というキャッチコピーの中には、これまで原作でもテレビアニメシリーズでも描かれることのなかった、若き日のオールマイトが登場。総監修・キャラクター原案を原作者の堀越氏が務める本作ならではの、ファン垂涎のビジュアルが完成した。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、2014年7月より『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載され、既刊17巻のコミックスのシリーズ累計発行部数は1300万部を突破。16年4月よりテレビアニメ放送がスタートし、4月7日から日本テレビ系で第3期の放送も決定している。

 物語の舞台は、総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持って生まれる世界。事故や災害、そして個性を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で、“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりや いずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく。

 映画では、テレビアニメ第2期の最後に登場した「期末試験編」の後、そして第3期で描かれる「林間合宿編」の間に起こった出来事=“空白の夏”が描かれる。公開された第2弾ビジュアルには、デク、爆豪、お茶子、飯田、轟というおなじみのA組メンバーの姿も。デクたちが海外に浮かぶ人工島<I・アイランド>を歩いており、“海外”という初めての舞台を背景に、物語の始まりを感じさせる。

■『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』あらすじ

白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中、デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。その時、突如鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムが敵にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてしまう。いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない“ある計画”が発動する−!その鍵を握るのは、平和の象徴・オールマイト。



関連写真

  • 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』は8月3日公開 (C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社
  • 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』ロゴ画像(C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

オリコントピックス