• ホーム
  • 芸能
  • 再始動のKAT-TUN、ジャニーズグループ復活で成功の鍵握る“強み”とは?

再始動のKAT-TUN、ジャニーズグループ復活で成功の鍵握る“強み”とは?

 2016年から充電期間に入っていたKAT-TUNが、22日に横浜・大さん橋で野外イベント『KAT-TUN 2018 FIRST IMPRESSION-Ask Yourself』を開催。亀梨和也中丸雄一上田竜也の3人は、多くのファンの前でグループとして本格始動したことをアピールした。波乱の多かった彼らの道のりを振り返りつつ、充電期間を支えた力、そして苦難を乗り越えたグループの強さを考える。

◆「まずは行動で示さなきゃいけない」、亀梨が充電中の思い語る

 2年前の2016年5月、デビュー10周年ツアー東京ドーム公演を最後に、充電期間に突入していたKAT-TUN。本格的な再始動となったこの日のイベントでは、ヒット曲「Real Face」をパワーアップさせた「Real Face♯2」をはじめ、新曲「Ask Yourself」、「Sweet Birthday」、人気曲「ハルカナ約束」の4曲を披露。その模様は、ジャニーズ事務所でも初の試みとなるLINE LIVEで生中継された。

 登場した3人は、実に晴れやかな表情。亀梨は2年前の東京ドーム公演を振り返りながら、「(ファンの前に立つ)景色を一番近い目標として、2年を過ごしていた」と心情を明かし、「まずは行動で示さなきゃいけない、そういう思いでいた」と告白。中丸は、「すごくすっきりと清々しい気持ちでこの日を迎えました」、上田も「充電後、ファンの方の前で初めて歌うことができるので、想像するだけでワクワクしていました」と、素直に現在の気持ちを語った。

◆華々しいデビューから一転、“ギリギリ”な波乱が続いたKAT-TUN

 この3月22日は、12年前の2006年、KAT-TUNがシングル「Real Face」、アルバム『Best of KAT-TUN』、DVD『Real Face Film』という3タイトル同時リリースで華々しくデビューを飾った日である。当時のメンバーは、亀梨、中丸、上田に加えて、赤西仁田中聖田口淳之介の6人。デビュー前から人気を得ていた彼らだが、亀梨と赤西が2005年に出演したドラマ『ごくせん』(第1シリーズ/日本テレビ系)が決定打となり、一般層からも注目を集めることに。そんな下地もあり、デビュー3作品はすべてオリコン週間ランキングで首位を獲得。「Real Face」はミリオンヒットを記録した。

 ジャニーズといえば優等生のイメージが浸透していた中で、新たに“不良枠”を確立したのがKAT-TUNだった。「ジャニーズっぽくない」「ギラギラしている」というイメージを引っ提げ、彼らの快進撃はその後も続くと思われた。ところが4年後の2010年、亀梨と人気を二分していた赤西が脱退。その後も田中、田口とメンバーが去り、亀梨、中丸、上田は 一時“充電”するという道を選ぶことになった。何かが起こるたびに、ネット等では「Real Face」の“ギリギリでいつも生きていたい”という歌詞をもじって、揶揄されたこともあった。まさに波乱万丈の道のりを経て、今回ついに再始動を果たしたのがKAT-TUNというグループなのである。

◆休止後に見事復活したNEWS、“不在”支えた個人活動とファンの存在

 一昔前はジャニーズでも、アイドルとして若さを求められる時代だったこともあり、グループ解散や休止は珍しいことではなかった。有名なところではフォーリーブス、たのきんトリオ、シブがき隊光GENJI。正式に解散を表明せずとも、実質的に活動を休止している男闘呼組など、いずれも活動中は広く名を馳せたスーパーアイドルグループばかりである。

 しばらくはそんな時代が続いたものの、活動休止を経験したグループもある。それが、今や見事に復活を遂げたNEWSだ。現在は小山慶一郎加藤シゲアキ増田貴久手越祐也の4人で活動するNEWSは、2003年のデビュー時のメンバーは9人。ところが、早い段階で脱退などが相次ぎ、2006年には一時活動の歩みを止めた。翌年、6人で活動を再開したものの、2011年には山下智久錦戸亮(現:関ジャニ∞)が脱退を表明。小山、加藤、増田、手越の4人は、今後のNEWSについて何度も話し合いを重ね、グループ続行を決意。2012年に4人の新生NEWSとして活動を再開した。

 そんなNEWSが再始動シングルのタイトル曲に選んだのは、刹那的な恋愛を描いた「チャンカパーナ」。再始動を高らかに掲げたり感動を誘うような曲ではなく、あえて攻めに出たことには、彼らの覚悟が感じられた。そこに込められた思いやテイストは、現在のNEWSの音楽における、ロマンティックでドラマティックな魅力にも繋がっているように思える。

 4人体制で初めて行ったコンサートの会場は、東京・秩父宮ラグビー場。ここでは、メンバーと共に多くのファンが涙を流し、再会を喜んだ。このように、“不在”の間も待ち続けるファンの存在は、グループにとって大きな支え。ともに波乱を乗り切った結束力、グループの背景にあるドラマは、お互いの絆をより強固に、深くしていった。さらに、休止中も個々で活動の幅を広げて自分を磨くことで、新生NEWSをパワーアップさせることに繋げたのである。

◆再始動後の東京ドーム公演は「2年分の思いを乗せて」

 もちろんグループによって、状況も違えばメンバーのキャラクターも違う。だが、苦難を乗り越えて得たものが強靭であることは、疑うべくもない。

 2年前の東京ドーム公演で、「これがKAT-TUNの“最終形態”だと思うようになった」と、すでに3人で続けていくことへの覚悟を見せていたKAT-TUN。グループ活動がなかったときもそれぞれの場所で懸命に努力し、グループへの思いを語ってきた彼らを、ファンもまたしっかり支えた。そんな年月を経て、KAT-TUN は再始動の時を迎えたのである。

 翌日の23日に出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、「しっかりと3人でグループに向き合い、進んでいく決意の中、今日を迎えています」と語った亀梨。4月20日から行われる東京ドーム3日間のコンサートについても、「僕たちとみなさん、2年分の思いを乗せて、笑顔で次の一歩に進めるライブにしたい」と強い思いを持っている。もう一つの記念すべきステージは、すぐそこだ。彼らがそのときどんなパフォーマンスを行い、パワーアップした3人の魅力を見せてくれるのか。未来へのステップを踏み出す彼らに期待したい。
(文:今 泉)



オリコントピックス