• ホーム
  • 音楽
  • エレカシ×スピッツ×ミスチルが夢の競演 宮本「感激しちゃった」

エレカシ×スピッツ×ミスチルが夢の競演 宮本「感激しちゃった」

 ロックバンド・エレファントカシマシのデビュー30周年を記念したスペシャルライブ『エレファントカシマシ 30th ANNIVERSARY TOUR “THE FIGHTING MAN” SPECIAL ド・ド・ドーンと集結!!〜夢の競演〜』が18日、さいたまスーパーアリーナで開催され、エレカシ、スピッツMr.Childrenの3バンドの“夢の競演”が実現した。

 エレカシのボーカル・宮本浩次が「ライバルだと勝手に思ってた」というスピッツとMr.Childrenを招いたスペシャルライブ。この日を待ち焦がれたファンの大歓声に迎えられ、「トップバッターは久しぶり」というスピッツが先陣を切った。

 「春の歌」からスタートし、疾走感のあるロックナンバーを立て続けに披露。年齢的にはエレカシメンバーの1歳下となるボーカル・草野マサムネは「エレファントカシマシのイベントに呼んでもらえて、とても光栄です。28年くらいずっとファンで、昔は正座をして聴いていたんですけど、最近は立って聴いてます」とあいさつした。

 「チェリー」「愛のことば」「スターゲイザー」といったヒット曲を連発すると、「ここでカバー曲を」と告げ、エレカシの初期の楽曲「浮雲男」をカバー。草野の柔らかな歌声による優しく包容力のある「浮雲男」に観客は聴き入った。

 草野は「ミスチルとエレカシという同世代のバンド3つ一緒で、アマチュアの頃、都内のライブハウスでやっていた頃を思い出します」と回顧。終盤の「スパイダー」では田村明浩(B)が走り回って演奏するなど、熱量の高いステージでファンを興奮させた。

 続けて登場したMr.Childrenは「Everything(It’s you)」からスタート。ボーカルの桜井和寿が「エレファントカシマシさん、30周年おめでとうございます! 最高のアニバーサリーパーティーにしようと思います。ドドーンと行くよ!」イベントタイトルになぞらえて観客をあおると、ヒット曲「HANABI」や「innocent world」でたたみかける。

 桜井は「エレファントカシマシさん、大好きなんですよ」と目を細め、デビュー前の高校生時代にエレカシと同じオーディションで最終選考まで進んだことを回想。その当時のエレカシを思い返し、「熱くて、激しくて、かっこいいなって思って」と衝撃を受けたことを明かし「しばらくエレファントカシマシの音楽ばかり聴いてました」と振り返った。

 「せっかくの機会なんで、あまたある名曲の中から1曲」と切り出すと、2ndアルバム『THE ELEPHANT KASHIMASHI II』(1988年)に収録された「太陽ギラギラ」をカバー。エレカシも久しくライブで演奏していないマニアックな選曲で観客を驚かせると、サイケデリックなアレンジ、桜井の叫びのような歌声で、原曲とは全く別の迫力で圧倒し、再びファンを驚かせた。

 「今年に入ってからのモチベーションは、ほぼこの日だった」とこのライブを心待ちにしていたという桜井は、最後にアコースティックギターを抱えてエレカシの「やさしさ」をワンフレーズ歌うと、そのまま「名もなき詩」へ。桜井は「エレカシ最高!」と叫んでステージを後にした。

 大歓声のなか、トリで登場したエレファントカシマシのステージは「RAINBOW」で幕を開けた。長いキャリアからまんべんなくセレクトされた「奴隷天国」「悲しみの果て」「星の砂」「風に吹かれて」「笑顔の未来へ」と続け、エネルギーに満ちたバンドサウンドに乗せ、宮本が渾身の歌声を響かせる。

 宮本はスピッツ、Mr.Childrenの熱演に「感激しちゃったんですよ。本当にすばらしい、男気のある最高の演奏で。たまには喜んだっていいじゃないですか」と感激しきり。スピッツの中では特に「涙がキラリ☆」が好きな曲といい、Mr.Childrenは20年以上前に初共演したライブイベント『AAA(Act Against AIDS )』で観た「innocent world」「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」が強く印象に残っていることを熱っぽく語った。

 宮本がジャケットを肩にかけ、ステージ狭しと走り回って叫んだ「ガストロンジャー」に続き、クライマックスは代表曲「今宵の月のように」から新曲「Easy Go」への新旧リレー。「最高に幸せです!」と叫んだ宮本は、最後に「FLYER」を歌い上げて締めくくった。

 鳴り止まない拍手に迎えられ、スピッツ、Mr.Children、エレファントカシマシのメンバーがステージに集結。ロックシーンを代表するボーカル3人がこの日のライブを振り返り、お互いを称えあった。そして最後に3バンドの共演でエレカシの「ファイティングマン」を披露。演奏はエレカシとスピッツが担当し、宮本、桜井、草野がマイクリレーするスペシャルコラボで夢のような一夜に幕を下ろした。

■エレファントカシマシ 30th ANNIVERSARY TOUR
 “THE FIGHTING MAN” SPECIAL ド・ド・ドーンと集結!!〜夢の競演〜
▽スピッツ
01. 春の歌
02. 恋する凡人
03. 8823
04. 初恋クレイジー
05. チェリー
06. 愛のことば
07. スターゲイザー
08. 浮雲男
09. みなと
10. 涙がキラリ☆
11. さわって・変わって
12. スパイダー
13. トンガリ’95

▽Mr.Children
01. Everything(It’s you)
02. HANABI
03. innocent world
04. 太陽ギラギラ
05. and I love you
06.here comes my love
07. himawari
08. 名もなき詩

▽エレファントカシマシ
01. RAINBOW
02. 奴隷天国
03. 悲しみの果て
04. 星の砂
05. 風に吹かれて
06. 笑顔の未来へ
07. 桜の花、舞い上がる道を
08. 風と共に
09. ガストロンジャー
10. 今宵の月のように
11. Easy Go
12. FLYER

▽アンコール
スピッツ&Mr.Children&エレファントカシマシ「ファイティングマン」



関連写真

  • スピッツ、Mr.Childrenを招いたスペシャルライブを開催したエレファントカシマシ Photo by 大森克己
  • 28年くらいずっとエレカシファンというスピッツ Photo by 大森克己
  • 高校時代にエレカシと同じオーディションを受けたことを明かしたMr.Children Photo by 薮田修身

オリコントピックス