アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 漫画『ペット』TVアニメ化決定 監督は『デュラララ!!』の大森貴弘氏

漫画『ペット』TVアニメ化決定 監督は『デュラララ!!』の大森貴弘氏

 三宅乱丈氏原作の漫画『ペット』がテレビアニメ化されることが19日、発表された。監督は『デュラララ!!』で知られる大森貴弘氏、シリーズ構成は『夏目友人帳』でタッグを組んだ村井さだゆき氏が担当。アニメーションは、『刻刻』などを手掛けたジェノスタジオが制作する。
 
 同作は、人の脳内に潜り込み、記憶を操る能力を持つ者たちの物語。彼らのその力は、事件の揉み消しや暗殺など、裏の世界で利用されてきたが、人の精神を壊すほどのその力は、同時に彼ら自身の心を蝕んでいく。

【写真】その他の写真を見る


 本作に出会ってから10年以上、映像化を切望していたという大森監督は「僕らの心に沸き起こる震えは、どこからくるのだろう。その答えを見つけたくて、この作品の映像化を15年前の連載当時から、それこそ『すうううぅと、ずうううぅっと』夢見てきました。やっとその機会を得ることができました」と喜んだ。

 村井氏も「この原作を映像化したいという大森監督の強い思いがあって実現した企画です。実際、難しい原作ですが、それだけ一緒に映像表現を考えていく作業が楽しい作品でもあります。表現の面白さだけでなく、主人公たちの関係性がとても魅力的なので、そこをうまく映像化で伝えていければなと思います」と語った。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • アニメ化が決まった『pet』のビジュアル
  • 三宅乱丈氏の『PET』アニメ化記念イラスト
  • 『pet』のロゴ

オリコントピックス