• ホーム
  • 芸能
  • 本木雅弘の“名役者”ぶりに記者から称賛続々「さすがモックン」

本木雅弘の“名役者”ぶりに記者から称賛続々「さすがモックン」

 女優の宮沢りえと俳優の本木雅弘が18日、『伊右衛門』新TVCM先行記者発表会に出席。16日にV6森田剛と結婚して以来初の公の場に登場した宮沢の声を聞くため、会場には数多くのマスコミがかけつけた。本木と同じく元ジャニーズ事務所で今回の新CMにも参加した草なぎ剛も迎え、宮沢本人もどこか緊張感漂う雰囲気で進行するなか、本木は宮沢や草なぎ相手にギリギリのトークを展開。“名役者”ぶりを見せると、会見後にはなんとか結婚の話題を聞き出したい報道陣からは「さすが」の声が漏れた。

 この日の会場にはムービーやスチールカメラマンがずらりと並び、宮沢が登場直後に「すごい雰囲気」と漏らすほどの空気感。そんな中、CMで監督を務めた中島信也氏が進行役を務め、「本木さんと草なぎさんはご関係あったんでしたっけ?」と尋ねられた本木は「古巣が一緒くらい…」とポツリ。笑いを誘うと、その後も草なぎの地元で本木の叔父の営む八百屋がある春日部市のローカルトークで盛り上がり、草なぎを「どこか本木さんには親近感を感じていた」とすっかりリラックスさせた。

 “ざわつきを癒やす”というCMテーマにちなみ、いよいよ本木は「おそらく私を含めてみなさん、ざわついていらっしゃる」と“本題”へ。「(CMでの)私の妻が世間を相当ざわつかせていらっしゃって。おかげさまで多くのご祝福をいただきまして。妻に代わりまして御礼を申し上げます」とお茶目に代理であいさつすれば、「今回に限らずまっしぐらで純真な心に驚かされてる。あらゆる意味で彼女の魅力の賜物。見守って…」とカミカミになりつつ優しくフォロー。そんな本木に宮沢も「ありがとうございます」と思わず笑みをこぼした。

 草なぎがCM出演を「新しいスタートを切ったので不安はあったけど、そういうのも楽しんで。いいタイミングです」と喜べば、すかさず「そちら(草なぎ)の新しい旅立ちも、こちら(宮沢)の新しいスタートも。そちらもこちらも“ゴー・ゴー”ですね!」と“剛”にかけたかは定かではないが、本木の見事なまとめ方に拍手も起こったほど。終盤、「本当にそういう(ドキドキさせるような)発言はするなと言われてたんですけど…」と苦笑していたが、おかげで会見が一気に和んだことも事実。長年連れ添った“妻”の新たな門出へのモックン流の祝福なのかもしれない。

 新テレビCM「こころの茶屋」篇は同日からオンエア。



オリコントピックス