アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高田純次、「テキトー男」ならではの葛藤が哲学的 Eテレ知的教養番組レギュラー

高田純次、「テキトー男」ならではの葛藤が哲学的 Eテレ知的教養番組レギュラー

 タレントの高田純次(71)が15日、東京・渋谷のNHKで4月5日からEテレでレギュラー放送がはじまる『世界の哲学者に人生相談』(毎週木曜 後11:00〜11:30)の取材会に出席した。タイトルのとおり、ニーチェ、カント、アラン、サルトル、老子、孔子、西田幾多郎…古今東西の哲学者が、視聴者からのさまざまな悩みに答える知的教養番組。下ネタ好きで「テキトー男」などと称されながらも、ドラマ・バラエティー・散歩番組まで幅広く活躍する高田だが、「どれくらい適当にしたらいいかわからなくなってきている」と、葛藤を語る場面があった。

 高田のような適当さを身につけ、そのように振る舞うコツを聞かれ、「以前出した本(2006年『適当論』)から来ていると思うのですが、第三者が適当かそうでないかを決め付けるだけで、僕自身が適当にやってきたことはないんです。ただ、ことばが歩き出しちゃうと、僕もそうしないといけない気がして。トイレに行って水を流さないほうが適当でいいのかな、コンビニに行って立ち読みしていた本をそのまま持って帰ったら…、それは窃盗か。とにかく適当の範囲がだんだんわからなくなってきた」という。

 「適当」と同じ「ちょうどよい」という意味で「適切」ということばもあるが、「適切な人と言われても面白味がない。適当な人だと言われた方がC調に振れてうれしい。聖人君子と言われるのも好きなですが、そんなに言われたことがないか。ことばとしては、第三者から適切より、適当と言われる方が好き」と、哲学モードに。

 番組内で哲学者の考えを解説する山口大学の小川仁志准教授が、喜々として「この番組で相談したら?」と提案したところ、「解決してくれるかどうかはわかりません」とバッサリ。「賢者の人が言っていることを実行しているかどうかは別ですからね。有言不実行の方もいらっしゃるのでは。その辺もいずれ暴いていきたい」と身もふたもないことも言っていた。

 この番組だけでなく、4月クールは連続ドラマのレギュラーも決まっており、70歳を超えてますます脂が乗ってきている。「毎年、目標を聞かれると、『ただ生きる』と答えている。椎間板ヘルニアと狭窄(きょうさく)症も治りましたし、脱腸の手術もやりました。今度、痔の手術をしようかと思っているんですが、とにかく体調的にはどんどん良くなっていっています。ただ、体が軽くなってきてお風呂に入るとくるっとひっくり返っちゃうんですけど…」と、次から次へと口をついて出るテキトー発言の中に、ハッとするひと言もあり、本人にその気はなくても、相談室長に“適任”であることは十分アピールできたのかもしれない。



関連写真

  • 知的教養番組に出演する高田純次 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)高田純次、小川仁志准教授 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス