• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 視覚障害を持つ13歳シンガー&義足のダンサーの“挑戦”に密着

視覚障害を持つ13歳シンガー&義足のダンサーの“挑戦”に密着

 今月9日から韓国・ピョンチャンパラリンピックが開催中だが、スポーツの世界だけでなく、エンターテインメントの世界でも、障害や国境などのあらゆるボーダーを超えて、圧巻のパフォーマンスで人々の心を揺さぶる人たちがいる。「目が見えない13歳のシンガーわたなべちひろ」と「紅白でも話題となった義足のダンサー大前光市」。この2人に密着取材した特集番組『イマジン そこに「境界」はない』が19日(後10:00〜10:49)、NHK総合で放送される。

 番組のテーマは、“No Border”。障害や困難をプラスに変えてきた生き方と、音楽とダンスの魅力を届けるスペシャルステージを通して、エンターテインメントがボーダーを超えて、人の心を動かす力を届ける。

 今回、2人の日本人エンターテイナーが、ニューヨークとラスベガスというエンターテイメントの聖地で、大舞台に挑戦し奮闘する姿を追った。さらに、番組のスペシャル企画で、わたなべさんが憧れてきた、人気デュオ・ゆずとの共演が実現。7年前、当時、盲学校に通っていたわたなべさんは、ゆずのラジオ番組で一緒に合唱した経験があり、その時歌ったゆずの曲「またあえる日まで」を、今回、3人だけで披露する。

 生まれたときから、視覚に障害があったわたなべさん。2歳の時に、たまたま聞いた曲を正確におもちゃのピアノで弾いたのがきっかけで、ピアノに目覚める。その後、自己流で才能を開花させ、2013年ヘレン・ケラー記念音楽コンクールピアノ低学年の部で優勝。その類まれな表現力は、音楽関係者の目にも留まり、YouTubeで公開したジョン・レノンの「イマジン」は、大きな反響を呼んだ。そして、昨年10月、スティーヴィー・ワンダーダイアナ・ロスも輩出したスターの登竜門と言われるニューヨーク・アポロシアターでのアマチュアナイトに出演。さらに、ニューヨークでの飛び込みストリートライブや、地元ミュージシャンとの即興での共演にも挑戦した。「音楽で人々とつながりたい!」プロの歌手を目指して奮闘する13歳の少女の今を紹介する。

 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』で、平井堅と共演、その後、NHKスペシャルでそのドキュメントが放送されて、大きな話題となった大前さん。リオ・パラリンピックの閉会式で、片足での連続4回のバク転という超人的な技をいれたダンスを披露した。そんな大前さんに、昨年、ラスベガスを代表するプロモーターから声がかかった。JABBAWOCKEEZ(ジャバウォーキーズ)という全米で大人気のダンスチームとの共演の打診だ。ジャバウォーキーズは、全員覆面のダンスチーム。マスクを付けることで人種や国籍などの差別を排除し、純粋にパフォーマンスで勝負するという主義を貫いている。今年3月、大前さんがラスベガスのステージに挑戦。彼らと互いの個性をぶつけ合い、障害や差別など超えた圧倒的なエンターテインメントに挑んだ日々を紹介する。

関連写真

  • 3月19日放送、NHK総合の特集番組『イマジン そこに「境界」はない』13歳のシンガー・わたなべちひろさんとゆずが夢の共演(C)NHK
  • 3月19日放送、NHK総合の特集番組『イマジン そこに「境界」はない』13歳のシンガー・わたなべちひろさん(C)NHK
  • 紅白でも話題となった義足のダンサー大前光市さん(C)NHK

オリコントピックス

 を検索