アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • MACO、吉田鋼太郎主演『東京センチメンタルSP』“3作連続”主題歌

MACO、吉田鋼太郎主演『東京センチメンタルSP』“3作連続”主題歌

 シンガー・ソングライターMACO による今年“初”の新曲「君のシアワセ」が、テレビ東京系スペシャルドラマ『東京センチメンタルSP〜御茶ノ水の恋〜』(30日 深0:12〜深1:23)の主題歌に決定した。

 俳優・吉田鋼太郎が主演し、東京の下町の和菓子屋「くるりや」を舞台に、バツ3独身の恋多き三代目の和菓子職人・久留里卓三(吉田)が、毎回異なるヒロインに想いを寄せ、街ぶらデートし、酒を飲み、うまい飯を食い、そしてフラれる…ちょっぴり切なくて、ノスタルジックな気分に浸れる大人のラブストーリー。卓三の「惚れやすさ」と「実らなさ」から“現代版・寅さん”の呼び声高い完全オリジナル脚本のドラマシリーズ。

 MACOは、2016 年1月期にドラマ24 枠で放送された連続ドラマへ「恋心」、17年1月のお正月スペシャルへ「日記」の楽曲提供に引き続き、シリーズ3作連続で『東京センチメンタル』の世界を彩ることになった。

 MACOは「今回の『君のシアワセ』は、『御茶ノ水の恋』のために書き下ろした一曲になりました。今年初めに貴重な台本を一冊いただいて、じっくり読みながら頭の中でストーリーを思い浮かべながらゆっくり歌詞を書き上げました。くるりさん(吉田鋼太郎さん)の顔を思い浮かべると、相手の方を好きな気持ちと、毎回それに比例するくらいの葛藤や切なさを感じるので、歌詞を書くときはくるりさんをはじめ男性になったような気持ちで、なりきって書いていました。『恋心』同様、一人称は“僕”にしました。切なさあふれる歌詞に注目して、じっくり味わいながら聴いてほしい一曲になりました!」とコメントを寄せている。

 今回、卓三が一目ぼれするマドンナ・秋本楓を演じるのは吉瀬美智子。楓を巡って卓三と三角関係になる花屋の増田慎之介役で青柳翔劇団EXILE)が出演する。さらに、楓が講師を務める料理教室「Kotokoto」に通う、高木博役(楓に思いを寄せる)を山田純大、藤井唯役(増田のことが気になる)を阿部純子が演じ、恋模様をさらに複雑にする。



関連写真

  • テレビ東京系スペシャルドラマ『東京センチメンタル SP〜御茶ノ水の恋〜』主題歌を担当するシンガーソングライターのMACO
  • (左から)久留里卓三(吉田鋼太郎)、高木博(山田純大)(C)テレビ東京
  • 藤井唯(阿部純子)(C)テレビ東京

オリコントピックス