アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 「ドラえもん」“永遠のヒロイン”しずかちゃん、ソログラビアデビュー

「ドラえもん」“永遠のヒロイン”しずかちゃん、ソログラビアデビュー

 人気アニメ『ドラえもん』の“永遠のヒロイン”、しずかちゃんこと源静香(みなもと・しずか)が、8日発売の『週刊ファミ通』2018年3月22日号(Gzブレイン)でソロでは初のグラビアインタビューに挑んだ。お風呂好きのしずかちゃんのために用意された、かわいいねこ足のバスタブと一緒に撮影したカットなどを、プロカメラマンが撮り下ろし。インタビューでは、撮影の感想や、宝島での冒険について、さらには自身の“宝物”について熱く語っている。

【写真】その他の写真を見る


 ドラえもんたちが“年1回”大冒険を繰り広げる「映画ドラえもん」シリーズ。38作目となる『映画ドラえもん のび太の宝島』が今月3日に封切られ、夢とロマンあふれる大海原を舞台に謎の島に隠された宝を巡って大冒険を繰り広げる中、しずかちゃんは海賊にさらわれ、のび太たちと離れ離れになってしまう…。

 そんな中、実現したしずかちゃんのグラビア撮影。当日は、おなじみの白いシャツとピンクのスカートでスタジオに現れたしずかちゃん。本格的な撮影機材に囲まれ、プロのカメラマンが切るシャッターに合わせて可憐にポーズをきめる姿は、まさに「ドラえもん」のヒロインそのもの。ドラえもんたちと一緒に数々の冒険を経験してきただけあり、度胸の強さも見せていた。

 しずかちゃんは撮影後、「プロのカメラマンさんに撮影してもらって、とても緊張したけど、女優さんになったみたいで楽しかったです! しかも、ずっと憧れていたねこ足のバスタブ、お姫さまになった気分で、すごーくかわいかった! 宝島での冒険についてもいっぱいお話ししたので、ぜひ見てもらえたらうれしいです。今度は、のび太さんやドラちゃんと一緒に撮影したいな!」と話すほど、楽しかったようだ。

 公開中の映画は、初日から2日間で興行収入8.4億円を上げ、新シリーズ最高の興行記録となった前作『映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険』(最終興行収入44.3億円)との対比で121.9%という順風満帆のスタートを切った。この先には春休みが待っており、50億円突破も見込める“大航海”となりそうだ。



関連写真

  • しずかちゃんこと源静香の史上初ソログラビア、『週刊ファミ通』(3月8日発売)に掲載(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
  • 憧れていたねこ足のバスタブにしずかちゃん大喜び(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
  • 『週刊ファミ通』(3月8日発売)表紙
  • 『映画ドラえもん のび太の宝島』(公開中)(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

オリコントピックス