ジャニーズWEST藤井流星&濱田崇裕、主演ドラマと新曲MVがコラボ

 人気グループ・ジャニーズWEST藤井流星濱田崇裕がW主演する日本テレビ深夜ドラマ『卒業バカメンタリー』(毎週月曜 深0:59)が、同グループが歌う主題歌「ドラゴンドッグ」(7日発売)のミュージックビデオ(MV)とコラボレーションすることがわかった。劇中で2人が演じるエリート非モテ大学生のガク(藤井)とマオ(濱田)がMV冒頭に登場する。

 「ドラゴンドッグ」は毎話のエンディングで流れるハードエッジな男らしいエールソング。ドラマの世界でカラオケを楽しむシーンからスタートし、カラオケ初体験ではしゃぐガクの前でマオが十八番を入力。曲が始まると…。

 お笑いコンビ・シソンヌじろうが初脚本を手がけた同ドラマは、“大人の男”になれるのか雲行き怪しい非モテ男子4人組、ガク、マオ、コウキ(前田航基)、ジュン(吉田靖直)のエリート大学生の青春を記録したダメ恋愛ダイアリー。

 第7話(5日放送)では「めちゃくちゃエロい」とうわさのスナックのママと出会った4人。大人の男として卒業していないことを察したママが4人にとった行動とは…。

オリコントピックス

メニューを閉じる