音楽プロデューサーSolaya氏、がん闘病で引退決意 朝倉さや作品を「命懸けで」

音楽プロデューサーで作編曲家のSolaya氏(36)が、大腸がんの肝転移の治療のため、現在プロデュースを手がけている山形出身のシンガー・ソングライター、朝倉さや(25)のニューアルバムとツアーをもって引退することをORICON NEWSの取材で明かした。

Solaya氏は東方神起「Weep」(作編曲)、SKE48「ウィンブルドンへ連れて行って」(作曲)、松下奈緒「Rain」(作編曲)...

この記事の画像

  • がん闘病で引退を決めたSolaya氏(右)は命懸けで朝倉さやの作品を手がける
  • 山形出身のシンガー・ソングライター朝倉さや
  • 山形出身のシンガー・ソングライター朝倉さや

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索