• ホーム
  • 芸能
  • 久川綾、ブルマの声を初披露 花王×DBのWebアニメ動画「敵は風呂場にいる」公開

久川綾、ブルマの声を初披露 花王×DBのWebアニメ動画「敵は風呂場にいる」公開

 昨年11月16日に大動脈解離のため57歳で亡くなった声優・鶴ひろみさんが務めていた「ドラゴンボール」シリーズのブルマ役の後任・久川綾が、きょう20日から公開した花王×ドラゴンボールのWebアニメ動画「敵は風呂場にいる」で、ブルマの“声”を初披露した。

【写真】その他の写真を見る


 「ベジータの新たなる戦い!!」と題した動画では、「もはや敵なし」というベジータ(CV:堀川りょう)にブルマが「外にはね、でもお風呂には汚れという敵がいるの! 手伝って!」と“救い”を求める。

 仕方なく掃除をすることになったベジータだが、風呂場のピンクのヤツ(汚れ)や黒いあいつ(汚れやカビ)に気づくも、掃除が面倒になりスーパーサイヤ人化。必殺技“ファイナルフラッシュ”を放つが、その結末にブルマから叱られる…というストーリー。

 ブルマ役の後任は今月15日に久川綾が務めることが発表。同18日には、1986年2月放送の『ドラゴンボール』第1話から長年にわたって演じてきた鶴さん最後のブルマが放送され、その声とそのせりふに、SNSでは「泣けた」「目頭が熱くなった」との声であふれた。



関連写真

  • Webアニメ動画で久川綾がブルマの声を初披露(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 花王×ドラゴンボールのWebアニメ動画「敵は風呂場にいる」(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 花王×ドラゴンボールのWebアニメ動画「敵は風呂場にいる」(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 花王×ドラゴンボールのWebアニメ動画「敵は風呂場にいる」(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

オリコントピックス