• ホーム
  • 芸能
  • 木村拓哉、7年ぶり『帰れま10』参戦 難関・回転寿司チェーンに挑む

木村拓哉、7年ぶり『帰れま10』参戦 難関・回転寿司チェーンに挑む

 俳優の木村拓哉が、テレビ朝日系『帰れま10&Qさま!!合体3時間SP』(15日 後7:00※一部地域を除く)の『帰れま10』に参戦する。タカアンドトシがMCを務めた番組でレギュラー放送は終了しているが、時々、特番が組まれている。木村の参戦は7年ぶりとなる。今回は、自身が主演する同局系ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(18日スタート、毎週木曜 後9:00)の共演者で、『帰れま10』初参戦の斎藤工菜々緒上川隆也間宮祥太朗を率いて、人気回転寿司チェーンでの決戦に挑む。

【写真】その他の写真を見る


 店の全メニューの中から人気メニュー上位10品(1位から10位まで)を予想し、当てきるまで注文したメニューをすべて完食しなければいけないのがルール。『帰れま10』を放送している時はいつも見ているという木村。以前は、大手カラオケレストランチェーンでの『帰れま10』に参戦したが、今回は回転寿司の全144品からベスト10を当てるという過酷チャレンジで、どんな活躍を見せるのか。

 過去に同回転寿司チェーンで『帰れま10』を敢行した際、なんとクリアまでに約10時間もの時間を要し、19品連続で不正解だったこともあると、木村を不安にさせるような言葉を口走るタカ。後から合流する予定のドラマ共演者を待ちながらの挑戦となったが、そんなタカの言葉にも動じることなく、「(共演者の)みんなが来る前に終わっちゃうかもしれないよ」と余裕の表情を見せ、トシも「これぞ木村拓哉!」と心強そうな表情を浮かべてスタートの時を迎える。

 全144品もの膨大なメニューには、寿司だけでなく、うどんや揚げ物など、サイドメニューの種類も豊富。しかし「ここに来る人はお寿司を食べに来ているはずだから」と、最初のオーダーはお寿司から選ぶことを決めて、一品目を決定。自信を持って選んだその一品の順位は果たして? 今回は、1位から10位までを正解するのに、どのくらいの時間がかかり、どんなドラマが生まれたのか。

 今回、『帰れま10』創成期のメンバーだったブラックマヨネーズ小杉竜一も参戦。昔から大ファンだったという木村とともに『帰れま10』に出演できたことに大感激。木村に「タカ」「トシ」と名前で呼ばれ、ツッコミを受けたりもするタカアンドトシのふたりを羨ましがり、「竜一って呼んでほしい」と、木村におねだりする場面も見られた。さらに、木村に憧れ、美容院に雑誌の切り抜きを持っていって同じ髪型にしてもらっていたという15年前の秘話も告白。当時の小杉の写真を見た木村は、現在の姿への変貌ぶりに「15年という月日ってすごいね…」と驚きの表情を見せていた。



関連写真

  • 1月15日放送、テレビ朝日系『帰れま10』に木村拓哉が参戦。回転寿司店の全144品から人気ベスト10に挑む。写真は番組MCのタカアンドトシ(C)テレビ朝日
  • 木村拓哉のファンで、『帰れま10』創成期のメンバーだったブラックマヨネーズ・小杉竜一も参戦(C)テレビ朝日
  • 1月15日放送、テレビ朝日系『帰れま10』に木村拓哉が参戦。回転寿司店の全144品から人気ベスト10に挑む。写真は番組MCのタカアンドトシ(C)テレビ朝日

オリコントピックス