• ホーム
  • 芸能
  • 十代目松本幸四郎、襲名後初公の場に登場 「馴じんできた?」に「いえいえ」

十代目松本幸四郎、襲名後初公の場に登場 「馴じんできた?」に「いえいえ」

 十代目松本幸四郎が9日、都内で行われた、AGF「煎」特別企画商品『わがしばなし』記者発表会に出席し、2日に行われた襲名披露興行後、初めて公の場に登場した。

【写真】その他の写真を見る


 この日、報道陣から「松本幸四郎」という名前に「馴じんできた?」の質問に「いえいえ」と微笑んだ幸四郎。先月に行われたテレビ番組の収録の際、控室に『松本幸四郎』と書いてあり、「(襲名前なのに)なんで、親父の名前があるのか?と思ったが、放送日が襲名後ということで、私のことでした」と、報道陣を笑わせた。

 『わがしばなし』は幸四郎の歌舞伎初演目である「勧進帳」を題材にしたオリジナル和菓子と味の素AGFが発売しているコーヒー「煎」のセット商品。幸四郎は「煎」のイメージキャラクターを務めており、襲名を記念してきょう、歌舞伎座と全国の和菓子店で限定発売された。

 新商品について幸四郎は「甘いものが大好きで、子供のころから必要以上に食べてきた」といい「品のある甘さ、苦さ、またほしくなる組み合わせになった」とアピールした。



関連写真

  • 襲名後初公の場に登場した十代目松本幸四郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 襲名後初公の場に登場した十代目松本幸四郎=AGF(R)「煎」特別企画商品『わがしばなし』記者発表会 (C)ORICON NewS inc.
  • 「勧進帳」を題材にしたオリジナル和菓子=AGF(R)「煎」特別企画商品『わがしばなし』記者発表会 (C)ORICON NewS

オリコントピックス