• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 『ハナタレナックス』全国放送第4弾、来年2・4放送決定 遅刻者はナシ

『ハナタレナックス』全国放送第4弾、来年2・4放送決定 遅刻者はナシ

 北海道出身で、全国区の人気集団となった演劇ユニットTEAM NACSメンバー5人による、HTB北海道テレビの冠番組『ハナタレナックス』(毎週木曜 深0:15〜※北海道ローカル)。その全国ネット特別番組第4弾『HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編) チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽』が、来年2月4日(後1:55〜3:20)にテレビ朝日系列で放送されることが発表された。

【写真】その他の写真を見る


 今回の舞台は、かつて北海道一の商業都市として栄え、今や全国屈指の観光都市へと姿を変えた歴史ある港町・小樽。前回、前々回と遅刻した安田顕(44)は「今回は、遅刻しなかった」と、無事収録を終えたことを報告している。

 森崎博之(46)、安田、戸次重幸(44)、大泉洋(44)、音尾琢真(41)、平均年齢40歳をとっくに過ぎてなお、遊び心を忘れない、TEAM NACS。長年ローカル番組を制作してきたスタッフと共に送る『ハナタレナックスEX』は、本業は役者でありながら、地元北海道で見せるユーモアあふれるほんわかしたテンポで、全国の視聴者の笑いを誘ってきた。

 函館、札幌&十勝、知床に続く、今回の小樽では、港町ならではの新鮮で豪快な海の幸はもちろん、知る人ぞ知る穴場の洋食や、時代とともに歴史を刻んできた老舗のB級グルメにスイーツ、新千歳空港にも店を構える人気店の“ここでしか食べられない”ご当地限定メニュー、さらには有名グルメガイドにも認められた上品にして繊細な極上寿司まで、「小樽の美食」を極める。

 5人は、レトロなボンネットバスに乗り込み、いざ小樽へ。ただし、「美食」を満喫できるかどうかは彼らの運とひらめき次第? 「オッサン5人がただ食べるだけ」では芸がない、ということで、ところどころに用意された、グルメを賭けたちょっと意地悪なクイズやゲームが彼らを悩ませ、苦しめる。時に怒ったり、愚痴ったり、こぼしたり、ボヤいたり、店員さんに一目惚れしてみたりと、TEAM NACSらしい一面もちらほら。

 かつて北海道開拓の玄関口として北前船が往来し、ニシン漁で繁栄を極めた小樽には、運河や北海道初の鉄道、ニシン御殿など激動の明治・大正・昭和を感じさせる施設や建物もたくさん残っている。小樽らしい景色もカメラに収めながら、美食ツアーの合間には、人気の水族館に立ち寄って豪快なショーを観賞したり、視聴者プレゼントとして小樽ならではの土産ものを手作りしたりと、内容も盛りだくさん。素顔と本音丸出しの忙しい旅となった。

 森崎が「大泉は、北海道の仕事、とくにハナタレを観光気分でやっている」と指摘すると、大泉は堂々と「そう、これは余暇。ハナタレは趣味!」と言い切った。そんなノリに、戸次は「僕は東京では、この番組のこと隠している。でも、ドラマの共演者には案外見られている」と注意を促す。

 大泉は矛先を変え、「(全国放送ということでいつもより大きな予算に慣れない)スタッフに金をもたせるとロクなとにならないことがよくわかった。車両が13台! そのうち数台は、ドライバーしか乗ってなかった」と暴露。森崎が「車両1台、行方不明になったし…」と続き、さらに、大泉は「警備員の数もすごかったけど、誰も寄ってこない…」と嘆く。戸次も「恥ずかしかったね、あれは」と、ロケを振り返っていた。

 予算の無駄遣い&スタッフの空回りはあったようだが、大泉は「小樽は、札幌の人にとって身近な街だけれど、その僕らにしても“小樽にこんな魅力があったのか!“と知る面白い内容になっています」と取れ高には自信たっぷりだった。

関連写真

  • 『ハナタレナックスEX(特別編) チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽』2018年2月4日、テレビ朝日系で全国放送。TEAM NACS(左から) 森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真(C)HTB
  • 今回も素顔と本音丸出しの忙しい旅に(C)HTB
  • 小樽の魅力をたっぷり紹介(C)HTB
  • 『ハナタレナックスEX(特別編) チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽』2018年2月4日、テレビ朝日系で全国放送(C)HTB

オリコントピックス