• ホーム
  • 芸能
  • 『R-1ぐらんぷり』開幕 1回戦初日にレイザーラモンHGら150人が登場

『R-1ぐらんぷり』開幕 1回戦初日にレイザーラモンHGら150人が登場

 “ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』の予選が26日よりスタート。東京会場では、MCを務めるお笑いコンビ・レギュラーの西川晃啓が、かつて「カクガリーノ西川」として『R-1』に出場したものの、1回戦で敗退してしまったエピソードを披露。その後、小文字の「r」を全身で表して“開会宣言”を行った。

 1回戦初日には「ハードゲイ」ネタで一世を風靡したレイザーラモンHGが登場し、筋肉トレーニングについて聞きに来る後輩芸人に説教をするという“筋肉ネタ”を披露。そのほかにも、八幡カオル、いかちゃんといったプロの芸人から一般人まで約150人が出場し、ピン芸人No.1を目指して白熱した戦いを繰り広げていた。

 1回戦は東京、名古屋、静岡、北海道、福岡、大阪、埼玉、千葉、東京、沖縄の各地で来年の1月13日まで行われ、来年春の決勝はカンテレ・フジテレビ系列の全国ネットで生放送される。



関連写真

  • 『R-1ぐらんぷり2018』1回戦に出場したレイザーラモンHG(C)カンテレ
  • 『R-1ぐらんぷり2018』1回戦のMCを務めたレギュラー(C)カンテレ

オリコントピックス