• ホーム
  • 芸能
  • 年間CM起用社数、女王はローラ&広瀬すず、男性は遠藤憲一 放送回数1位は上戸彩&濱田岳

年間CM起用社数、女王はローラ&広瀬すず、男性は遠藤憲一 放送回数1位は上戸彩&濱田岳

 テレビ番組・CMのリサーチを行うエム・データは5日、『2017年テレビCMタレントランキング』を発表した。「会社数ランキング」では女性部門の1位はモデルのローラと女優の広瀬すず、男性部門の1位は俳優の遠藤憲一が獲得。「放送回数ランキング」では女性部門の1位が女優の上戸彩、男性部門の1位が俳優の濱田岳となった。

 「会社数ランキング」女性部門は、ローラと広瀬が14社で同数首位となり、2位は11社で女優の有村架純。3位(10社)は女優の綾瀬はるか、上戸彩、高畑充希武井咲波瑠吉岡里帆吉田羊の7人が名を連ねた。

 男性部門は遠藤が12社で単独首位、2位は11社でプロテニス選手の錦織圭選手、3位は10社で相葉雅紀。4位(9社)はタレントのDAIGO、俳優の西島秀俊山崎賢人、5位(8社)には俳優の斎藤工坂口健太郎高橋一生二宮和也(嵐)、濱田岳、松坂桃李松重豊がランクインした。

 「放送回数ランキング」女性部門は上戸が【1万3945回/22万8615秒】で1位に。2位は「トリバゴ」でおなじみのナタリー・エモンズ【1万3233回/28万9125秒】、3位は上半期1位だった女優の桐谷美玲【1万2737回/20万1660秒】が続いた。

 男性部門は、上半期1位だった濱田が【1万5869回/26万9685秒】で通年を通してトップの座をキープ。さらに2位に俳優の桐谷健太【1万5417回/25万9710秒】、3位も俳優の松田翔太【1万3623回/23万3040秒】と「au」のCMで三太郎を演じる3人がトップ3を独占した。

■年間CM会社数ランキング(同順位は50音順)
●女性部門
1位 広瀬すず・ローラ 14社
2位 有村架純 11社
3位 綾瀬はるか・上戸彩・高畑充希・武井咲・波瑠・吉岡里帆・吉田羊 10社
4位 新垣結衣川口春奈佐々木希長澤まさみ菜々緒本田翼宮崎あおい山本美月渡辺直美 9社
5位 石原さとみ北川景子・桐谷美玲・白石麻衣乃木坂46)・新川優愛マツコ・デラックス 8社
6位 木村文乃清野菜名土屋太鳳西野七瀬(乃木坂46)・早見あかり深田恭子本田望結水原希子 7社

●男性部門
1位 遠藤憲一 12社
2位 錦織圭 11社
3位 相葉雅紀(嵐) 10社
4位 DAIGO・西島秀俊・山崎賢人 9社
5位 斎藤工・坂口健太郎・高橋一生・二宮和也(嵐)・濱田岳・松坂桃李・松重豊 8社
6位 綾野剛鈴木亮平菅田将暉松岡修造松本潤(嵐)・ムロツヨシ 7社

■年間CM放送回数ランキング
●女性部門
1位 上戸彩 13945回/228615秒
2位 ナタリー・エモンズ 13233回/289125秒
3位 桐谷美玲 12737回/201660秒
4位 深田恭子 10182回/166020秒
5位 有村架純 9633回/161205秒
6位 綾瀬はるか 9354回/181950秒
7位 広瀬すず 9339回/160680秒
8位 菜々緒 9237回/151050秒
9位 マツコ・デラックス 7907回/132435秒
10位 土屋太鳳 7818回/126780秒

●男性部門
1位 濱田岳 15869回/269685秒
2位 桐谷健太 15417回/259710秒
3位 松田翔太 13623回/233040秒
4位 斎藤工 11260回/175080秒
5位 西島秀俊 9623回/173235秒
6位 相葉雅紀(嵐) 7489回/116610秒
7位 堤真一 7483回/142500秒
8位 ピコ太郎 6746回/111435秒
9位 松本人志ダウンタウン) 6614回/107955秒
10位 綾野剛 6274回/135015秒

【調査概要】
・期間:2017年1月1日〜11月30日
・調査対象:日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区地上波キー局)で放送されたテレビCMに出演・登場した人物
※映画告知CM、通販CM、イベント事業系CM、放送局系CM、生CM(全てエム・データ基準)は対象外。
※会社数ランキングは、エム・データ独自の基準で収集・登録した会社名に基づいて算出
(データ提供:エム・データ)



オリコントピックス