• ホーム
  • 芸能
  • 千鳥・大悟、クロちゃんの面白さを再認識「ドッキリ以外で笑ったことなかったけど…」

千鳥・大悟、クロちゃんの面白さを再認識「ドッキリ以外で笑ったことなかったけど…」

 お笑いコンビ・千鳥が30日、都内で行われたAmazonプライムビデオの人気シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン4完成披露イベントに出席。大悟は今回の戦いで最も脅威となった存在を聞かれると「(安田大サーカスの)クロちゃんですね。これまでドッキリとかで笑ったことはあったけど、それ以外でクロちゃんからの発信で笑ったことは一度もなかった。でも、ここではヤバかったですね」と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 今回のシリーズには、千鳥の2人、クロちゃんのほかに宮迫博之(雨上がり決死隊)、藤本敏史(FUJIWARA)、飯尾和樹(ずん)、くっきー野性爆弾)、井戸田潤(スピードワゴン)、黒沢かずこ(森三中)、西澤裕介(ダイアン)ら計10名の芸人が参加。そんな強者ぞろいの中でも、大悟はクロちゃんの爆発力が気になったようで「ただ単に『スキンヘッドにひげで芸能界を戦っているんだ』とか思ったら、それだけでヤバかった」と思い出し笑いをしながら太鼓判を押した。

 同シリーズはダウンタウン・松本人志が主宰する“密室笑わせ合いサバイバル”。参加費100万円を払い同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のが基本ルールで、笑ってしまいレッドカードが出たら即退場となる。笑いを仕掛け、笑いに耐え、見事激しい攻防をくぐり抜け最後に残った1人が賞金1000万円を手にできる。

 同シリーズへのコンビそろっての参加は、千鳥が初。ノブは、参加のオファーを受けた際に一度は断っていたといい「ギャグも面白いボケもないから、絶対に優勝なんかできないと思って断ったんですけど、何かカメラマンとディレクターの圧がスゴくて…『松本さんが会議で直々にノブさんの名前を出したのに、断るんですか?』みたいな感じでこられたんですけど、松本さんが言ってくれているならということで引き受けました」と笑わせた。

 『ドキュメンタル』の魅力について、過去にも参加したくっきーが「スゴいメンツの中で自分がどれくらい戦えるのかで、自分のお笑い能力の位置がわかりますね」と力説。大悟が「18年くらい芸人をやっていて、もう一回『面白いって何なんやろう』っていう原点に返った気がしました」と続けると、ノブも「使い勝手がいい、華がある、人気があるとかいろいろある中で、面白いっていうメーターだけを試される一番怖い場所ですね」としみじみと語っていた。

 シーズン4は、12月1日より配信(毎週金曜 1話更新、全5話)される。



関連写真

  • クロちゃんの面白さを再確認した千鳥・大悟 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)くっきー、大悟、ノブ (C)ORICON NewS inc.
  • Amazonプライムビデオ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン4完成披露イベントに出席した千鳥 (C)ORICON NewS inc.
  • Amazonプライムビデオ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン4完成披露イベントに出席したノブ (C)ORICON NewS inc.
  • Amazonプライムビデオ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン4完成披露イベントに出席したくっきー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス