• ホーム
  • 芸能
  • ピコ太郎、今年の“忖度”を語る「安倍首相とトランプ大統領の晩さん会で歌わず」

ピコ太郎、今年の“忖度”を語る「安倍首相とトランプ大統領の晩さん会で歌わず」

 「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で世界中に一大旋風を巻き起こしたシンガー・ソングライターのピコ太郎が27日、前年と比較して検索数が最も急上昇した人物、作品、製品などをヤフーが発表・表彰する『Yahoo!検索大賞2017』の都内で行われたプレ・イベントに参加した。

 昨年、「PPAP」で流行語部門賞を受賞したピコ太郎はゲストとして参加した。プレ・イベントでは「流行語部門賞」、「スペシャル部門賞」、「番外編」の3部門を先行発表。流行語部門賞の発表ではピコ太郎が受賞ワード「忖度」を筆書きして、お披露目となった。ピコ太郎は「確かによく聞いたし、みんな意味を調べたワードですよね。立心偏(りっしんべん)なんですね。私が忖度したのは、安倍首相とトランプ大統領の晩さん会で、PPAPを歌うのを控えたことですかね」とコメントした。

 囲み取材では今年を一文字で表すという年末恒例の質問が。ピコ太郎は「なかなか一文字では表せないですが…。しいて言うならば、比゜(ピ)ですかね!」と軽くボケた。また、今年はピコ太郎をプロデュースした芸人・古坂大魔王がタレントの安枝瞳と結婚。新婚生活で古坂が忖度していることを問われると「結婚生活は朝から晩まで忖度してますよ。なんて。とっても幸せですよ。結婚がこんなにいいもんだなんて思わなかったです。本当に良かったですよ!」と本人に代わってのろけていた。

 活躍が目覚ましく検索数が急上昇した10代の男女を選出した“スペシャル部門賞”は「藤井聡太」「永野芽郁」が受賞した。『Yahoo!検索大賞2017』は12月6日に行われる。



関連写真

  • 今年の「忖度」を明かしたピコ太郎
  • 「忖度」を習字でしたためるピコ太郎
  • ピコ太郎

オリコントピックス