• ホーム
  • 映画
  • 大泉洋、海賊船キャプテン役で「映画ドラえもん」参戦 愛娘のためオファー快諾

大泉洋、海賊船キャプテン役で「映画ドラえもん」参戦 愛娘のためオファー快諾

 俳優の大泉洋が、アニメ『ドラえもん』の映画シリーズ38作目『映画ドラえもん のび太の宝島』(2018年3月3日公開、今井一暁監督)に、ゲスト声優として出演することが明らかになった。今回のオファーを受け、「事務所ではなく(ドラえもんファンの)6歳の娘と話し合って出演を決めました(笑)」と快諾。大泉自身も、『ドラえもん』の漫画を読んで育った世代ということもあり、相当気合が入っている。ドラえもんと初対面した際も「ドラえも〜ん! 会いたかったよー!!」と駆け寄り喜びを爆発させていた。

 今回の作品は、『バケモノの子』(細田守監督)、『君の名は。』(新海誠監督)などのヒット作を手がける映画プロデューサーで、『世界から猫が消えたなら』『四月になれば彼女は』など小説家としても活躍している川村元気氏が脚本を担当。夢とロマンあふれる大海原を舞台に、太平洋上に突如現れた謎の島に隠された宝を巡って大冒険を繰り広げる。

 大泉は「脚本を読んでみると、これまた良いんです。ドラえもんの映画って、大人が見ても面白いし、泣いちゃいますが、今回も本当にぐっとくる物語でした。特に、僕みたいに子どもを持つ親にはもう、参っちゃいます」とやりがいに浸る。

 『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督)、『バケモノの子』など、これまでに10作品のアニメ映画に出演し、声優としても評価が高い大泉。今回はのび太たちを襲う海賊船の船長で、宝島に眠る財宝のカギを握るキャプテン・シルバー役に挑戦する。

 「今回は、宝島のカギを握る海賊船の船長という役どころなので、何かひとつ信念を持っているような、深みのある大人の男を演じられたらと思っています。ドラえもんの世界に自分が参加していることに感動していますが、まずは映画を盛り上げられるよう頑張ります」。

 大泉自身と『ドラえもん』の思い出は、「僕は完全にのび太ですよね。出木杉君ではない。のび太って、全然やらなきゃいけないことやらないでしょう? 最終的にドラえもんに頼る姿は、かつての兄に頼る僕です。兄は僕のドラえもんでした(笑)」と懐かしみ、最後に「娘に一言贈ります。『パパ、頑張るからね!』」と溺愛ぶりを見せていた。



関連写真

  • 映画シリーズ38作目『映画ドラえもん のび太の宝島』(2018年3月3日公開)にゲスト出演する大泉洋(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
  • 大泉洋が担当するキャラクター(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
  • ティザービジュアル(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

オリコントピックス