• ホーム
  • 芸能
  • 志尊淳・小関裕太、テレビのカメラ目線で「胸キュンワード」披露

志尊淳・小関裕太、テレビのカメラ目線で「胸キュンワード」披露

 歌手の高橋みなみ、FM802のDJ中島ヒロトがMCを務めるカンテレの音楽バラエティー『ミュージャック』(毎週金曜 深1:55〜2:25※関西ローカル)に、映画『覆面系ノイズ』(25日公開)に出演する中条あやみ志尊淳小関裕太が初登場。24日と翌週12月1日の2週にわたって放送される。

【写真】その他の写真を見る


 番組では、「現役JK・JDに聞いた!志尊くん・小関くんに言って欲しい胸キュンワードランキング・ベスト5!」を発表。映画のテーマが“片思い”であることにちなみ、東京の渋谷・原宿で、現役女子高生・女子大生に志尊、小関に言って欲しい胸キュンワードのアンケートを取り、そのベスト5となったセリフを画面に向かってささやくという女性ファン必見の企画を実行する。

 志尊が、胸キュンワード5位「オレじゃ駄目なのかな」をカメラ目線で披露すると、早くも高橋が「ごちそうさまです!」と悶絶。その後も、「こっち来いよ」、「充電」、「わかんないとこある?」など、志尊、小関による甘い演技が続く。1位となった「好き」を披露するのは、果たしてどちらか?

 “動物のものまね”が得意という中条には、「中条あやみにやって欲しい!動物ものまねランキングベスト3!」を実演してもらう。3位の「ネコ」のものまねから、イメージ通りかわいく始まったものまねだが、2位「フクロウ」、1位はなんと「エビ」。『CanCam』専属モデルでもあり、かわいい女子の代表ともいえる中条が“エビ”を表現すると、どうなるのか?

 3人が出演する映画は、歌うことが大好きな女子高生・ニノ(中条)が、離ればなれになった初恋相手・モモ(小関)に自分の歌を届けるため、幼なじみのユズ(志尊)とともに、「in No hurry to shout;」(通称イノハリ)という謎の眼帯覆面バンドを組む青春恋愛物語。音楽を通じ、ニノ、ユズ、モモの切ない三角関係が描かれる。イノハリはデビューシングル「close to me」をリリースし、今月15日にメジャーデビューも果たした。

 撮影現場ではやっていた遊びや、最近の自分ニュース、とことんハマっていることなどを話題に、3人が語り合う様子から見えてくるのは、その仲の良さ。志尊が「おしりににきびができた」と明かし、「いまも痛い!」となげくと、中条が「いい対処法がある!」と、女子らしい目線で、ある対処法をおすすめするひと幕もある。



関連写真

  • カンテレ『ミュージャック』11月24日・12月1日の2週連続、映画『覆面系ノイズ』の(左から)志尊淳、中条あやみ、小関裕太がゲスト出演(C)カンテレ
  • 志尊淳(C)カンテレ
  • 小関裕太(C)カンテレ
  • 中条あやみ=カンテレ『ミュージャック』11月24日・12月1日の2週連続ゲスト出演(C)カンテレ
  • カンテレ『ミュージャック』MCの高橋みなみ、中島ヒロト(C)カンテレ
  • カンテレ『ミュージャック』11月24日・12月1日の2週連続、映画『覆面系ノイズ』のキャストがゲスト出演(左から)高橋みなみ、中島ヒロト、志尊淳、中条あやみ、小関裕太(C)カンテレ

オリコントピックス