• ホーム
  • 芸能
  • 元AKB48・高城亜樹、新事務所に移籍 女優として本格始動「心機一転頑張りたい」

元AKB48・高城亜樹、新事務所に移籍 女優として本格始動「心機一転頑張りたい」

 元AKB48で女優・タレントの高城亜樹(26)が、事務所をアイエス・フィールドに移籍し、女優として本格始動することが20日、わかった。高城は昨年4月末、所属していたワナタベエンターテインメントを退社し、その後フリーで活動していた。

 事務所を通じコメントを発表した高城は「この度、アイエス・フィールドに所属する事になりました。新しいことにも挑戦していきながら、自分を見つけていき、心の底から輝いていけるように心機一転して頑張りたいと思います!! よろしくお願いします」と気持も新たに語っている。

 現在は舞台『THE BAMBI SHOW 2ND STAGE』に出演中。板尾創路や村田雄浩らと共演し、アイドルから脱皮して女優としての新たな魅力を発揮している。来年2月3日にはAKB48卒業後、初のファンイベントを開催する事も決定した。

 高城は2008年AKB48のメンバーとしてデビュー。フレンチ・キスのメンバーとしても活躍したが、同グループは2015年11月に解散。その翌月には自身もAKB48からの卒業を発表し、昨年2月23日のチームK公演をもってグループを卒業した。同年4月末にワナタベエンターテインメントを退社し、その後はフリーで女優・タレントとして活動していた。



オリコントピックス