• ホーム
  • 芸能
  • フジ三宅正治アナ、55歳誕生日に急性胆管炎で入院 『めざまし』しばらく欠席

フジ三宅正治アナ、55歳誕生日に急性胆管炎で入院 『めざまし』しばらく欠席

 フジテレビの三宅正治アナウンサー(55)が16日、司会を務める同局系『めざましテレビ』(月〜金 前5:25)を急性胆管炎のため欠席した。番組冒頭、ともに司会を務める永島優美アナが「しばらく放送をお休みすることとなりました」と報告した。

 三宅アナは55歳の誕生日だった15日の同番組出演後、急性胆管炎と診断された。番組では三宅アナのコメントをフリップで紹介。「まさかの誕生日に人生初の入院とは!笑 忘れられないバースデーになりました。今、内視鏡で処置をしていただき、痛みもなく落ち着いています。きっとスリムになって帰ってきます。お楽しみにぃ!」と説明した。

 永島アナは「お楽しみにぃ!と言ってる場合じゃないと思うのですが」と心配し、三宅アナと同期の軽部真一アナは「お互い55歳になるから体には気をつけないとねと話していた、その日だった」とポツリ。木曜レギュラーの伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)は「早く戻ってきてほしいですね」とエールを送った。

 お笑いタレントの出川哲朗(53)も9月に同じ病気を患い、1週間ほど入院していた。



オリコントピックス