• ホーム
  • 芸能
  • イス取りゲームをしながら“即興力”を競い合うお笑い番組、誕生

イス取りゲームをしながら“即興力”を競い合うお笑い番組、誕生

 お笑いタレントの千原ジュニアがMCを務める、カンテレ(関西テレビ)の新番組『座王』(土曜 深1:45〜2:15※関西ローカル)が、28日より月1回のレギュラー番組としてスタートする。ジュニア自ら考案した企画で、いわば「お笑い10種競技みたいなもの」。モノマネ、川柳など、さまざまなお題とイス取りゲームをかけ合わせ、“即興力”を競いあう。どこかの分野ではキラリと光る若手の才能を発掘できる可能性に満ちたこの番組に対し、ジュニアも「そんなに若手と触れ合うことがないから、まだ知らない若手芸人を見られることが楽しみです」と語っている。

【写真】その他の写真を見る


 ルールは、最初に10人の芸人が、円状に配置されたイスの周りを音楽と共に回り、音楽が止められると即座にイスに座るという、いわゆる一般的なイス取りゲームを行う。そして真ん中のイスに書かれた“一発ギャグ”“モノマネ”などのお題が発表されたあと、ゲームに負けた芸人が、「あいつだったら勝てる!」と思う芸人を指名。その後、お題に沿って即興で芸を披露し、審査員はどちらが面白かったか、その場で判定する。この一連の勝負を9回繰り返して、最後にイス取りゲームと即興芸を極めた“座王”を決定する。

 プレーヤーは若手芸人を中心に集め、オーバーエイジ枠として中堅芸人も参加。「イケイケの若手がオーバーエイジ枠の師匠たちに向かっていくのは、(お笑いの世界において)健康的な構図で楽しみです」と、ジュニア。下剋上を狙って、熱いバトルを繰り広げる若手芸人たちに期待を寄せている。

 初回は、審査員として麒麟・川島明、プレーヤーとして、クロスバー直撃(前野悠介、渡邊孝平)、スーパーマラドーナ(田中一彦、武智)、守谷日和、プリマ旦那(野村尚平、河野良祐)、霜降り明星(粗品、せいや)、さらにオーバーエイジ枠プレーヤーとして矢野兵動・矢野が登場。進行は同局の竹上萌奈アナウンサーが務める。

 カンテレ制作局の佐野拓水プロデューサーは、「ジュニアさんのコメントで、“お笑い10種競技みたいなもの”とあるように、お笑いに関する総合力が試される企画なので、意外なところでまだ見ぬ才能が光ってくるかもしれません。この番組からお笑いニュースターが誕生することを期待しています」と願っている。



関連写真

  • 審査の決め手は“即興力”。新感覚お笑いバラエティー『座王』10月28日スタート。MCは千原ジュニア(C)カンテレ
  • カンテレ『蔵王』10月28日放送の初回ゲスト、クロスバー直撃
  • カンテレ『蔵王』10月28日放送の初回ゲスト、スーパーマラドーナ
  • カンテレ『蔵王』10月28日放送の初回ゲスト、守谷日和
  • カンテレ『蔵王』10月28日放送の初回ゲスト、プリマ旦那
  • カンテレ『蔵王』10月28日放送の初回ゲスト、霜降り明星

オリコントピックス