• ホーム
  • 映画
  • 上白石萌音&千葉雄大、『映画 妖怪ウォッチ』新主人公の声優に抜てき

上白石萌音&千葉雄大、『映画 妖怪ウォッチ』新主人公の声優に抜てき

 女優の上白石萌音と俳優の千葉雄大が、アニメ『妖怪ウォッチ』の劇場版シリーズ最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(12月16日公開)の新主人公、天野ナツメと月浪トウマの声優に決定した。

【写真】その他の写真を見る


 1作目から3年連続で映画ランキング初登場1位(興行通信社調べ)を獲得し、冬休みの定番となった『映画 妖怪ウォッチ』。今作は、テレビシリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の物語で、新しい妖怪ウォッチの継承者が登場。

 上白石が演じるナツメは、新たな妖怪ウォッチ「妖怪ウォッチ エルダ」を手にする13歳の女の子。なんとナツメはケータの娘であることも明らかになった。父から娘へ、「妖怪ウォッチ」を受け継ぎ、妖怪を召喚して強大な敵に立ち向かう、勇気ある女の子だ。

 昨年、歴史的大ヒットを記録した『君の名は。』のヒロイン役で注目された記憶も新しい上白石は「私はおとなしいイメージを持たれることが多いので、先陣を切って戦うナツメのような役は憧れでもありました。『妖怪ウォッチ』は大人にも子どもにもずっと愛され続けているアニメなので、すごく光栄に思っています」と、コメント。「強大な敵と戦っていく壮大なストーリーなので、恐れずに全力でぶつかっていきたいと思っています。妖怪の友達もたくさん増やしたいです!」と、意気込んでいる。

 一方、千葉が演じるトウマは、もう1人の主人公であり、ナツメとは別の新たな妖怪ウォッチ「妖怪ウォッチ オーガ」を手にする13歳の少年。闇に囚われ、正義と悪の間で葛藤するという「妖怪ウォッチシリーズ」では今までにいないタイプのキャラクターで、妖怪を自らに憑依して戦う。なんとジバニャンと戦うシーンもあるという。

 「大人気の作品で、今回、声優として参加させていただけることをすごくうれしく思っています。ギャグ要素だったり、時事ネタだったり大人でもクスッと笑ってしまうところも魅力の一つだと思います。今回の映画では、今までの妖怪ウォッチの雰囲気もありつつ、大人でもグッとくる内容になっています。その一端を担うのが、トウマだと思うので、繊細でどこか孤独を感じている少年を演じられたら」と、思いを巡らせていた。



関連写真

  • 上白石萌音&千葉雄大が新たな妖怪ウォッチ継承者(声優)に! 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王(おにおう)の復活』(12月16日公開)(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017
  • 天野ナツメ(CV:上白石萌音)現アニメシリーズ・ケータの娘であり、妖怪ウォッチ継承者。妖怪を召喚して戦う(C)LMYWP 2017
  • 月浪トウマ(CV:千葉雄大)もう一つの妖怪ウォッチを手にする、闇に囚われた孤独な少年。妖怪を自らに憑依して戦う(C)LMYWP 2017
  • 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王(おにおう)の復活』(12月16日公開)(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017

オリコントピックス