• ホーム
  • 音楽
  • EXILE AKIRA、MV初監督&出演も LA撮影の“禁断”ラブストーリー

EXILE AKIRA、MV初監督&出演も LA撮影の“禁断”ラブストーリー

 ダンス&ボーカルグループEXILEEXILE THE SECONDのパフォーマー・AKIRAが、同グループのボーカル・SHOKICHIが作詞作曲を手がけた楽曲「Shelly」のミュージックビデオ(MV)で初監督を務めたことが17日、わかった。AKIRAは「ものすごく新鮮でしたし、客観的に自分を見れてすごくいい勉強にもなり、作品作りがすごく楽しくなりました」と撮影を振り返った。

 AKIRAがMV初監督を務めた「Shelly」は、ブラックなサウンドにSHOKICHIのハイトーンボイスを乗せたバラード曲。恋人がいる女性に手を出してしまう禁断のラブストーリーを映像化した。

 撮影は米ロサンゼルスで行われ、男の葛藤を表現したクールなダンスシーンと、ストーリー仕立ての演技シーンとで構成。AKIRAと女性キャストが濃厚な絡みを披露する場面もあり、大人の色気あふれる作品に仕上がっている。

 AKIRAはMV監督に挑戦した理由について「アクティングをしながらダンスをしたり、ダンスをしながらアクティングをしたり、その自分の特徴を生かせるのはないかなと思った時に、自分でディレクションをした映像作品は自分の個性を生かせるかなと思った」と経緯を語った。

 現場ではカメラワークや演出を細かに指示するなど、クリエイティブな一面を見せたAKIRAは「ただ女性とのラブストーリーを描きたいとか、セクシーなところを見せつけたいというわけではなく、自分ならではの表現方法で作品に込めたメッセージ、いろんなものを感じてもらって、それぞれの記憶に焼き付けることができたら」と願う。

 演者としても「EXILE TRIBEやEXILE THE SECONDがやらないような、“一役者AKIRA”のスタンスで挑ませてもらった」といい、「普段見られない自分を楽しんでもらえると思いますし、キャストのメイクアップやスタイリングなど、全て自分でプロデュースさせてもらったので、自分の世界観を作れた」と手応え十分だ。

 28日からは、EXILE THE SECONDのライブツアー『EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 “ROUTE 6・6”』が始まる。「次のライブではそれぞれのセクションがあるのですが、僕のテーマは“エンターテイナー”という自分のくくりにして、これから進んでいこうかなと。今後、自分の未来を切り開いていく時に、アクティングやダンス、パフォーマンスという表現者としての自分が、今後の人生にもなっていくのかなと思っています」と語った。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • EXILE AKIRAが初監督&出演「Shelly」MV
  • 女性キャストとのラブシーンも
  • 葛藤をダンスでも表現

オリコントピックス