• ホーム
  • 音楽
  • 川谷絵音“因縁の場所”で騒動後初めて報道陣に対応 元カノ・ほのかりんにはエール

川谷絵音“因縁の場所”で騒動後初めて報道陣に対応 元カノ・ほのかりんにはエール

 ロックバンド・ゲスの極み乙女。川谷絵音が16日、都内で行われたBSスカパー!のドキュメントバラエティー『BAZOOKA!!!』(毎週月曜 後9:00)内で誕生したバンドの記者発表会に参加。昨年のタレント・ベッキーとの不倫騒動後、初めて報道陣に対応した川谷は、元カノ・ほのかりんにもエールを送った。

【写真】その他の写真を見る


 発表会ではバンド名が「ジェニーハイ」に決定したこと、川谷がギター兼プロデューサーとして活動することが明かされた。もともとプロデューサーとして携わっていた川谷は「プロデュースやるのもギターやるのも、あんまり変わらないかなって。逆に誰かにお願いすることが大変かな。自分で作ったものは自分で弾いたほうがいい」と加入について語った。

 バンドのプロデュースを引き受けたきっかけについては「僕が番組に使われている感があった。とりあえず川谷を出しとけと」とバラしつつ、「すごくいいバンドになるような予感がした。プロデュースが大好きなので。プロデューサーの力量が試されるので楽しみ」と意気込んだ。来春のデビューを目指す。

 また、この日は質疑応答の時間が設けられ、騒動後初めて報道陣の取材に対応。偶然にも同所はベッキーが本格復帰したときと同じ“因縁”の場所だったが、最初から緊張することなく、フランクな表情で質問に応じた川谷。バンドの棲み分けについて「このバンドのときは箸休め」とジョークを飛ばすなど“絶口調”で、ドラムを担当する小藪千豊から「こらこら」とツッコミを入れられると「3つともフラットに頑張りたいと思う」と意欲を見せた。

 「活動停止ということはないですよね」と報道陣が際どい質問をすると「ないですね。結構、意地悪な質問しますね」と少しイラッとした表情を見せた。直後に司会が会見を打ち切ろうとすると、小籔が「その入り方したら不穏な空気になる」と苦笑いする場面もあった。

 小藪とは食事を共にするなど仲がいいようで、「小藪さんがすごく努力している。僕が知っているバンドマンよりスタジオに入っている。ホントに努力は裏切らない。バンドマンの鏡。うちのメンバーにも言ってやりたいぐらい」と尊敬の眼差しを向ける。

 キーボードは現代音楽家の新垣隆氏が担当する。新垣氏といえば2014年に佐村河内守氏のゴーストライターを務めていたことを週刊文春で告白しており、いわば「文春砲」を発射した側と直撃した側が“夢の共演”となる。「プロデュースをゴーストで新垣氏がするのでは?」と問われた川谷は「面白いですね。新たな挑戦で」とニッコリ。小藪は「話題性を狙っている部分は大いにある」と認めつつも「音楽家としての才能がある2人。お迎えできてよかった」と話した。

 フォトセッション時には報道陣から元カノほのかりんの歌手デビューについて問いかけられ、川谷が口ごもると、小藪が「非常に頑張ってほしいと思います。やっぱね、(川谷が)文春さんとも雪解けしましたしね。いろんな人との雪解けのバンドでありたいな、そう思っております」と助け舟。再び水を向けられると「頑張ってほしいです」とエールを送り、のどかなムードのまま会見は終了した。

 会見にはtricotの中嶋イッキュウ、野性爆弾くっきーも参加した。

▽「ジェニーハイ」メンバー
小藪千豊 Drums
くっきー(野性爆弾) Bass
中嶋イッキュウ(tricot) Vocal&Guiter
新垣隆(現代音楽家) Keyboard
川谷絵音(ゲスの極み乙女。) Guitar&Producer

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 川谷絵音 (C)ORICON NewS inc.
  • 新垣隆 (C)ORICON NewS inc.
  • 野性爆弾のくっきー (C)ORICON NewS inc.
  • 中嶋イッキュウ(tricot) (C)ORICON NewS inc.
  • スカパー!川谷絵音プロデュース「BAZOOKA!!!バンド(仮)」発表会 (C)ORICON NewS inc.
  • 文春イジりに頭を抱える川谷 (C)ORICON NewS inc.
  • 小籔千豊 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス