• ホーム
  • 芸能
  • キンコン西野亮廣、全国図書館5504館に自腹で著書寄贈

キンコン西野亮廣、全国図書館5504館に自腹で著書寄贈

 絵本作家としても活動するお笑いコンビ・キングコング西野亮廣(37)が15日、自身のブログを更新し、今月4日に発売した自身のビジネス書『革命とファンファーレ〜現代のお金と広告〜』(幻冬舎、1500円)を全国の図書館5504館に自腹で寄贈することを発表した。

 今月13日、全国の公共図書館などの関係者が集まる場で、大手出版社の社長が文庫本の売上減少に影響を与えているとし、図書館での文庫本貸出中止を要請したことが報じられ、物議をかもしたことがきっかけ。

 西野は自身が昨年10月に発売した絵本『えんとつ町のプペル』を今年1月に全ページ無料公開したことを例にあげ、「絵本『えんとつ町のプペル』は“貸し出し”どころか、いつでもどこでも未来永劫無料で読める状態にして、さらに売り上げを伸ばし2017年上半期最大のヒットとなりました。理由は単純、『えんとつ町のプペル』が時間面積を奪ったからです。テレビかラジオか、他の何かに使うハズだった時間を、多くの人が『えんとつ町のプペル』に使ったのです」と説明。

 今年1月、数百万人が『えんとつ町のプペル』を無料で読んだとし、「これにより、無料で見れたから、『えんとつ町のプペル』は、もう要らないやという【買わない人】も増えたと思います。しかし同時に、「これは買って、家に置いておこう」という【買う人】も増えました。分母が増えたので、当然の話ですね。そして、売り上げとしてカウントされるのは【買う人】の数です。【買う人】の数を増やすのは簡単で、「買うor買わない」の選択に迫られる人を増やせば…つまり、分母を増やせばいいだけです」と主張する。

 図書館や本の貸し出しは「書籍の売上に圧倒的に貢献してくれていると考えています」「図書館の貸し出しは、書籍の売り上げに直結します」と持論を展開する西野は、「しかし、このままだと『理想論だ!』『綺麗ごとだ!』と言われそうです」とし、自身の主張を証明するために、『革命とファンファーレ〜』を全国5504館の図書館に自腹で寄贈。「たった今、ウチのスタッフに手伝ってもらって、5504館全ての配送を終えました」と報告した。

 書籍の売上減少は「図書館のせいではありません。一部の出版関係者が本ばかりを読んで、時代を読まないことが原因です。出版不況でも、誰かのせいでも何でもなくて、サボった結果がキチンと反映されているだけです」という西野は、全国の図書館職員に向け「『革命のファンファーレ 〜現代のお金と広告〜』はガシガシ貸し出しちゃってください。必ず売り上げを上げてみせます。(※自腹分を絶対に取り返すぞコノヤロー!!)」とメッセージ。「図書館で出会って、手元に置いておきたくて購入した本は、これまでたくさんあります。子供の頃から、ずっとお世話になりっぱなしです。恩は必ず返します」ともつづった。

 なお、「贈り物は、“贈り手の気持ち”ではなくて、“受け手の事情”が尊重されるべき」という西野は「必要でなければ、誰かにプレゼントするか、ご返品ください。返品にかかった費用と、人件費(気持ちばかりですが…)は、後程お支払いします」としている。



オリコントピックス