• ホーム
  • 芸能
  • ココリコ×中丸雄一、番組初共演も穏やかに「楽しくできた」

ココリコ×中丸雄一、番組初共演も穏やかに「楽しくできた」

 テレビ朝日系で16日にスタートする新番組『天才キッズ全員集合〜君ならデキる!!〜』(毎週月曜 後7:00※初回は3時間スペシャル、〜9:48)の初収録がこのほど行われ、レギュラー出演するお笑いコンビ・ココリコ遠藤章造田中直樹)と中丸雄一KAT-TUN)が初対面を果たした。

 初共演にもかかわらず、収録はスムーズに進み、終了後に行われた取材では、「中丸くんはふわ〜っとしてはるから、そばにいてくれると穏やかな気持ちになるんです。実は僕、今日は初回収録ということもあって、ガチガチだったんです。でも、中丸くんから出るマイナスイオンを浴びたおかげで、緊張が少し解けました」と田中。遠藤も「中丸くんと一緒にいると、親の近くにいるような安心感があるんです。安心しすぎて、うっかり眠たくなったほどです(笑)」と、冗談を交えながら、その癒し効果を力説した。

 2人の言葉を受け、しきりに照れていた中丸も「テレビなどを通して、お二人ともすごく穏やかな方という印象を持っていたのですが、今日お会いしてもやっぱり印象通りでした。今日もそんなお二人にさっそく助けていただき、楽しく収録ができました」と話し、ココリコの存在は心強かったよう。

 初回3時間スペシャルでは「ピアノ」「オセロ」「漢字」「鉄道」の4ジャンルで、天才キッズと大人が“ハンデ一切なしのガチ対決”を繰り広げる。ゲスト陣をまとめ上げながら、各対決で勝敗予想をするという重要ポジションを担う遠藤は「たとえ子ども相手でも一切手を抜かない大人のプロたちに、天才キッズが全力でぶつかっていくことで、いろんなドラマが生まれます。そんなガチンコ勝負の醍醐味をぜひ、たくさんの方に観ていただきたいと思いました」と、感動の面持ち。

 一方、MCとして「視聴者の皆さんと同じように興奮したいので、勝敗を含めたロケ内容をまったく聞かずに、収録に臨んだ」という田中も、「個人的にはどうしても子どもを応援したくなるんですけど、その一方でプライドや立場を懸けて対決に応じてくださるプロの方々の気持ちに注目している自分もいます」とコメントした。

 田中とともにMCを務める中丸は、ピアノの天才キッズ3人に直接取材も行ったという。「3人とも普段はすごく普通の子で、なんだかホッとしました。ただ、ひとたびピアノと向き合うと、スイッチがグッと入って、人が変わる! その瞬間を目の当たりにした時は、ゾワッとしました(笑)」と、感想を率直に語っていた。取材では、才能ある息子に場慣れさせるため、親がホールを高額で貸し切ったなど、驚きのエピソードも聞き出し、「今回ひとつ分かったのは“親御さんが天才になるキッカケを与えている”ということ。ほかにもいろんな秘けつがあるはずなので、今後もどんどん探っていきたいです」と、意欲を燃やしていた。