• ホーム
  • 芸能
  • たけし、生番組の最終日もしっかり出演 生涯現役「出るなって言われるまで」

たけし、生番組の最終日もしっかり出演 生涯現役「出るなって言われるまで」

 お笑いタレントのビートたけし(70)が5日間にわたってテレビ東京の朝を“生ジャック”する特番『おはよう、たけしですみません。』(前7:30〜8:00)が最終日を迎えた。“ドタキャン”騒動もあり、危ない個人名の暴露ありと大暴れの生放送番組がフィナーレを迎えた。

 最終日にたけしは金ピカジャケットというド派手は衣装で水道橋博士浅草キッド)と太田光爆笑問題)を従えて、しっかり生出演。「長い間、楽しんでいただきました『おはよう、たけしですみません。』ついに42年目を迎えました」とボケながらスタートした。2日前には生放送を欠席したばかりで、ただ1人5日続けて出演した太田は「ふざけるのはやめてください」と“注意”していた。

 そんな太田だったが、博士から「1番、損しているのは太田くん」と水を向けられた。前日にダウンタウンの松本人志との不仲を蒸し返され「大嫌い」と発言。それが大きく報じられた。太田は「昔の話ですよ。私が全部、悪いんです。それで怒られた」とざんげ。再び話題となり「ようやく最近、雪解けかっていうときに…。博士に言わされた。松本さんは大好きですよ!」と大慌てで釈明する場面もあった。

 また、仕事に関する持論も語った。あす7日から公開の映画『アウトレイジ 最終章』の監督や27時間テレビ出演、果ては朝の生番組と70歳とは思えない仕事量をこなしているたけしに博士は「どんだけ働いているんですか」と苦笑い。

 たけしは「働いているって感覚がおかしい。金魚や魚に『泳いでますね』って言ったヤツはいない。魚のように生活するヤツと本当に休まなきゃダメなヤツといる。中には不安で不安で休めって言っても仕事したいってヤツもいる」と働くことに関する思いを語った。それが35年も続いている。太田から「いくつまでやるんですか」と問われるとたけしは「ゴールは出るなって言われるまで」ときっぱりと言い切った。

 『おはスタ』直後の時間で8月には人気アニメ『けものフレンズ』が放送された枠で大暴走。この日でフィナーレとなったが、終了後にたけしは「時間が足りないね。たけしがすごいってところを見せたかった」と話し“第2弾”に含みを持たせた。まだまだたけしのバイタリティは衰えることはなさそうだ。



オリコントピックス