• ホーム
  • 音楽
  • 井上苑子、Netflix版『あいのり』主題歌に決定 水野良樹とのコラボ曲

井上苑子、Netflix版『あいのり』主題歌に決定 水野良樹とのコラボ曲

 シンガー・ソングライターの井上苑子(19)が、26日より全世界で配信されるNetflix『あいのり: Asian Journey』の主題歌「せかいでいちばん」を担当することが4日、わかった。いきものがかりのリーダー・水野良樹が作詞・作曲を手がけ、海外で旅をしながら愛を探していく番組の内容と恋する女性のピュアな気持ちを重ねたラブソングが完成。井上にとっては10代ラストのシングルとなる。

【写真】その他の写真を見る


 90年代にフジテレビ系で地上波放送された『あいのり』の過去シリーズでは、Every Little Thing「fragile」やI WiSH(川嶋あい)の「明日への扉」といった歴代主題歌も大ヒット。今回は久々の主題歌復活となり、番組側から水野に制作を依頼。ボーカルはリアルな歌詞とキュートな歌声で同世代を中心に多くの共感を集める井上に白羽の矢が立てられた。

 制作にあたり水野は「番組の中の恋にまつわるいろんなシーンで、視聴者の皆さんが自分の恋を当てはめてみたり、その出演者を応援してみたりする。その気持ちにつながるような、繊細なメロディーに井上さんの声をのせて、皆さんの想いにつながればと思って作りました」。そんな渾身の一曲を歌唱する井上に対しては「声のかわいらしさだったり、良い意味で声が揺らいでいるその存在感が、すごく強いなって思っていました」と印象を明かした。

 井上は「私は小学生の頃からいきものがかりさんの曲を聴いて育ったので、こうやって水野さんか作った曲を私が歌うのは夢のようです」と憧れのアーティストでもある水野とのタッグに感激。「私にとって10代最後の大切な曲だし、一生忘れられない特別な一曲です。せつなくもあり、キュンとする部分もたくさんあり、自分を重ねられる歌だなって思います。ひとつの恋の歌として誰かを勇気づけたりできたらいいなと思っています」と期待を込めた。



関連写真

  • 井上苑子と水野良樹の初タッグ曲が『あいのり : Asian Journey』の主題歌に決定 (C)フジテレビ
  • 『あいのり : Asian Journey』の主題歌を担当する井上苑子
  • 井上苑子のニューシングル「せかいでいちばん」初回限定盤のジャケット
  • 井上苑子のニューシングル「せかいでいちばん」通常盤のジャケット
  • Netflix配信の恋愛観察バラエティー『あいのり:Asian Journey』(C)フジテレビ

オリコントピックス