• ホーム
  • 芸能
  • GACKT、マレーシアの自宅初公開 移住を決めた理由も語る

GACKT、マレーシアの自宅初公開 移住を決めた理由も語る

 歌手のGACKTが、16日放送のABC・テレビ朝日系トークバラエティー『人生で大事なことは〇〇から学んだ』(毎週日曜 後7:58〜20:54)にゲスト出演。「5年以上前にマレーシアに移住」していたGACKTは「人生で大事なこと は KL(=クアラルンプール) から学んだ」といい、現地の自宅をテレビ初公開。密着VTRとともに、自身の人生観を存分に語る。

【写真】その他の写真を見る


 お正月恒例の人気番組『芸能人格付けチェック』(同局系)で、一流の選球眼をいかんなく発揮し、話題をさらっているGACKT。一体、どんな生活を送っているのかと不思議に思っていたら、「1年のうち6割くらい」はマレーシアの首都・クアラルンプールで暮らしていると話す。「日本(に滞在しているの)は2割くらいかな」。

 移住を決めたきっかけは、「30代までずっと働き続けてきて、ある時振り返ってみたら、思い出がなくて。このままだと思い出もないまま歳をとってしまう、と急に思い立っていろんな国へと行き始めたんです」。そして、世界各国を渡り歩いた中で一目惚れしたのがマレーシアだった。「(クアラルンプールは)すごく魅力的。都市部はとても清潔で、都市からすぐ近くには大自然のジャングルもある」と惚れ込んでいる。

 身体の不調も移住を決めた理由の一つ。今でこそ鍛え抜かれた肉体美を誇るGACKTだが、「幼いころは病気がちで入院した経験もある。19歳から食事療法を取り入れたことをきっかけに、食事にも気を遣うようになった。ただ、30代で背中を悪くして。寒いと痛むんですね。それで、気候の暖かい地域への移住を考えていたんです」。

 クアラルンプールに移住してから、すでに何回か引っ越しているという GACKT。今回初公開されるGACKTのマレーシアの自宅は、クアラルンプール郊外の高級住宅地にある。まるで要塞のような門構えで、その敷地面積はなんと約1700平方メートル。自宅で気に入っているところは「クーラーがない所だね。家の中が全部外になっているから」と謎めいたコメント。果たして どんな家なのか。

 さらに、ベールに包まれたライフスタイルにも密着。その中で、実業家としての一面も見せる。昨年、クアラルンプールで会社を設立していたGACKT。「GACKT & IKEDA ASIA BRIDGE PARTNERz」は、クアラルンプールの一等地にある高層ビルの中にオフィスを構える。何をしている会社なのか? 会社を立ち上げた目的もGACKTが語る。

 番組内では、実は“内見”が趣味というGACKTが、番組レギュラーの林修氏に「ぜひ住んでもらいたい」という建坪2000平方メートルの3階建て一軒家を紹介。「クアラルンプールだけで500件以上は見ている」というほどの物件通の GACKT、「東京の世田谷だったら 16 億円以上はするでしょう」という超豪華物件を紹介する。果たしてどんな家なのか。



関連写真

  • ABC・テレビ朝日系バラエティー『人生で大事なことは〇〇から学んだ』。4月16日放送のゲストはGACKT(C)ABC
  • クアラルンプールの自宅前で(C)ABC
  • なんだこの部屋は! GACKTの自宅を初公開(C)ABC
  • ABC・テレビ朝日系バラエティー『人生で大事なことは〇〇から学んだ』。4月16日放送のゲストはGACKT。クアラルンプールで自ら設立した会社オフィスの前で(C)ABCGACKT 
  • ABC・テレビ朝日系バラエティー『人生で大事なことは〇〇から学んだ』。4月16日放送のゲストはGACKT。ベールに包まれたライフスタイルに密着(C)ABCGACKT 

オリコントピックス