• ホーム
  • 芸能
  • オードリー若林、ゴールデンMCで“心の闇”開放を心配「徐々に出てくる気が…」

オードリー若林、ゴールデンMCで“心の闇”開放を心配「徐々に出てくる気が…」

 お笑いコンビ・オードリー若林正恭(38)が4日、都内で行われたフジテレビ系新番組『潜在能力テスト』(毎週火曜 後7:57〜8:54)初回収録後の囲み取材に出席。同局のゴールデン帯レギュラー番組では初MCとなるが「大先輩たちがとんでもないミスをすると、ついつい言葉が強くなってしまうので、その辺はけっこう気をつけていますね」と背筋を伸ばした。

 相方の春日俊彰(38)が、パネラーとして出演していることについては「(これまで)あの距離感で絡むことがなくて、いつもは隣に座って先輩MCの方がいることが多かった。今回は皆さんに振っていく中のひとりになっていたんですけど、振りはじめからヨタヨタしているんですよね。顔もすでに負け顔ですし」と言いたい放題。「今後もロケの方で頑張ってほしい。ちょっと、久しぶりにこのあと“オードリー会議”開こうかと思います」と明かした。

 番組にちなみ「自分の潜在能力」に関する話題では「こういう時間帯で抑えているのが、人の揚げ足を取る力。すぐに欠点ばっかり見つけちゃうので、きょうもモニターに皆さんの回答が見えるんですけど、もうおかしくて仕方ない。徐々にそれが出てきて、スタッフさんから『抑えた方がいいですよ』っていう声がするような気がします」と心の闇の開放を心配。ところが、報道陣から「春日さんが…」と呼ばれると「あっ、若林…いやいや、よくあるので、若林あるあるなんで、こうやって胸を張りながら…」と相方の仕草を真似しながら笑顔で受け止めた。

 同番組は「集中力」「人気者力」「動体視力」など、自分の中にあったらうれしい潜在能力の数々をチェックできる問題が出題される新感覚のテスト番組。ラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送 毎週土曜 深1:00)で、梅沢富美男(66)やIKKO(55)らをゲストに迎え、新たな一面を引き出している若林だが「それはもう、梅沢さんとかIKKOさんとか来てくれたら、僕は大好物ですから。この番組では、大先輩たちも本当に真剣な顔になるので、普段そういった顔を見られない方にも来てほしいですね」と呼びかけていた。

 囲み取材にはそのほか、同番組の進行役を務める同局の宮司愛海アナウンサー(25)も出席。25日の初回は、午後7時から8時54分までのスペシャル版で放送される。



オリコントピックス