嵐「日本GD大賞」史上初 5度目の売上日本一 SMAPがアルバム部門受賞

『第31回 日本ゴールドディスク大賞』の受賞作品・アーティストが発表され、人気グループ・嵐が昨年1年間でCD、音楽ビデオ、有料音楽配信等の正味売上金額が最も多いアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門を3年連続で受賞した。通算では史上初となる5度目の受賞となった。最も売上枚数が多かったアルバム作品に贈られる「アルバム・オブ・ザ・イヤー」には、昨年大みそかに解散したSMAPの最後のアルバム『SMAP 25 YEARS』が輝いた。

日本レコード協会によると、嵐は対象期間内(2016年1月1日〜12月31日)にアルバム87...

この記事の画像

  • 『第31回 日本ゴールドディスク大賞』アーティスト・オブ・ザ・イヤーは「嵐」が3年連続5度目の受賞
  • 「翼はいらない」で「シングル・オブ・ザ・イヤー」を受賞したAKB48コメント「いつも応援してくださっている皆さまのおかげで、7 年連続でシングル・オブ・ザ・イヤーをいただけることになりました。本当にありがとうございます。これからもどうぞAKB48をよろしくお願いします」(AKB48グループ総監督・横山由依)
  • 「恋」が「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」を受賞した星野源コメント「素晴らしい賞をいただき、とてもうれしいです。『恋』のリリースは10月だったこともあり、まさか『SONG OF THE YEAR BY DOWNLOAD』をいただけるとは思っていませんでした。チームのスタッフのみんな、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』関係者の皆さん、本当にありがとうございます!」
  • 「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)はアリアナ・グランデが初受賞
  • 「ベスト・エイジアン・アーティスト」を受賞したBIGBANGコメント「とても意味のある賞を頂き、本当に光栄です。デビューしてから10 年間さまざまな活動をしてきました。僕たちをここまで成長させてくれたのは全てのファンの皆さん、そして僕らの音楽を愛してくれる方々のおかげです。皆さんからの大きな愛に応えられるように、これからも初心を忘れずに頑張ります。まだ足りない部分がたくさんある僕たちBIGBANGですが、これからもよろしくお願いします」
  • 「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)を受賞した欅坂46コメント「このたびは「ベスト5 ニューアーティスト」「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞させていただき、本当にありがとうございます。このような賞を受賞させていただき、本当にうれしいです。2017 年も欅坂46チーム一丸となって、精一杯頑張ってまいりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いします」(欅坂46 菅井友香、守屋茜)
  • 「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)を受賞したフィフス・ハーモニー

オリコントピックス

メニューを閉じる