アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ヒロミ、妻・伊代の騒動を謝罪 松本人志は同情「見せしめ的な部分あったかも」

ヒロミ、妻・伊代の騒動を謝罪 松本人志は同情「見せしめ的な部分あったかも」

 タレントのヒロミ(51)が、12日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。妻の松本伊代(51)が、読売テレビの番組ロケで訪れた京都市でJR山陰線の線路内にタレントの早見優(50)ともに立ち入り、写真を撮影したことで、10日に鉄道営業法違反の疑いで書類送検された問題について「いろんな方に大変なご迷惑をおかけして、本当に申し訳ないと思っています」と謝罪した。

 ヒロミは、伊代が当該のブログを更新した翌日、本人に直接確認を取ったといい「これはダメです、すぐにやめなさいと言いました。その状況から警察の方から連絡が入ったので『すぐに(事情を話しに)行きなさい』と言って、京都まで事情聴取に行きました」と説明。6〜7時間の聴取を受け、伊代も立ち入りを認めたことから書類送検となったといい、「僕もキツく言いました。本人も反省していますが、最終的な責任は(事務所の)社長である僕にあるので」と神妙な面持ちでコメントした。

 コメンテーターの松本人志(53)は「ヒロミの立場では、そう言うしかないでしょうけど、ちょっとかわいそうじゃない? 見せしめ的な部分もあったかもしれないね」と同情。「僕が言えるのは、伊代ちゃんとか(ツイッターで誤爆したロンドンブーツ1号2号の田村)亮とかは、SNSをやめるべき」と進言すると、ヒロミも「たぶん、やめると思います」と苦笑いを浮かべていた。

 伊代は10日に自身のブログを更新し「私の危険で軽率な行動で、皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことを心から反省しております」と謝罪。ヒロミも同日、自身のブログで「この度は、私の妻でもあります、松本伊代が鉄道営業法違反の疑いで書類送検受け、夫でもあり、所属事務所の代表でもあります、私も責任は痛感しております」とつづっていた。



オリコントピックス