• ホーム
  • 芸能
  • 『ブラタモリ』卒業の桑子アナ 「性格良かった」とタモリ絶賛

『ブラタモリ』卒業の桑子アナ 「性格良かった」とタモリ絶賛

 NHKの人気番組『ブラタモリ』(毎週土曜 後7:30)で、昨年4月からタモリのパートナーを務めた同局の桑子真帆アナウンサーが、2日の放送分をもって番組を卒業した。最後のおまけコーナーで「1年間、楽しかったです」とあいさつした桑子アナに、タモリは「楽しかったですよ。性格も良く、お高くとまっていないし、いい子でした」とストレートなほめ言葉で別れを惜しんだ。

【写真】その他の写真を見る


 桑子アナは、4月4日からスタートする新番組『ニュースチェック11』(月〜金 後11:15〜11:55)を担当する。午後11時台に新設されるニュース番組で、一日の国内外の主要なニュースやスポーツ、ソーシャルメディアのトレンドを扱っていく。

 32年間、平日昼の帯番組を持っていたことから地方ロケに出かけられなかったタモリが、同番組で日本各地へ出かけるようになり、それを供をしてきたのが桑子アナだった。今度は、桑子アナが平日の帯番組を受け持つことになり、「月〜金の勤務ってどうなんですか?」と不安げな桑子アナに、タモリは「いやぁ〜、味わってください」と含み笑いで激励していた。

 次回、16日の放送は、京都・嵐山で、春の桜や秋の紅葉、さらに渡月橋や世界遺産の天龍寺など、その「美」の秘密は何なのかを解き明かす。新しいパートナーとして近江友里恵アナウンサーが登場する。



関連写真

  • NHK・桑子真帆アナウンサー(右)が『ブラタモリ』を卒業。最後の訪問地は熊本でした (C)NHK
  • 桑子アナといつも楽しそうに歩いていたタモリ(C)NHK
  • 4月16日放送の『ブラタモリ』から新パートナーの近江友里恵アナウンサーが登場。京都・嵐山を訪れる (C)NHK
  • 4月16日放送の『ブラタモリ』から新パートナーの近江友里恵アナウンサーが登場。京都・嵐山を訪れる (C)NHK

オリコントピックス