• ホーム
  • 芸能
  • 北斗晶、退院を報告「家に帰れる。それだけで気持ちが落ち着く」

北斗晶、退院を報告「家に帰れる。それだけで気持ちが落ち着く」

 乳がんのため先月24日に右乳房全摘出手術を受けた元女子プロレスラーのタレント、北斗晶(48)が3日、自身のブログを更新。退院を報告し、手術や入院期間にお世話になった病院関係者に感謝の言葉を述べた。

【写真】その他の写真を見る


 きのうの午後の回診で、医師より抗がん剤治療が始まるまでの期間の退院許可がおりた北斗は「家に帰れる。それだけで気持ちが落ち着く」と心境を告白。退院の手伝いに来た夫・佐々木健介と息子・健之介との3ショットを添えて、家に戻れる喜びをつづった。そして、病院関係者に向けて「生かしていただき本当に本当にありがとうございました」とつづった。

 続けて、入院中に不安で眠れないときを支えてくれたというブログのコメントを書いてくれた読者に「ずっとずっと励まし続けてくれて、ありがとう」「誰だって、誰かのために力になれる。みんなは私の力になってくれたんだよ」と感謝。これからも治療が続くため、「お願いだから、くじけそうだな〜とブログを観て思った時は、また支えてね 素直に遠慮なく甘えるよ。みんなに…心からありがとう」と呼びかけた。



関連写真

  • 退院したことを報告した北斗晶 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス