• ホーム
  • 芸能
  • 「赤いきつね」「緑のたぬき」新CMにパックンとコルビ氏 外国人起用の背景とは

「赤いきつね」「緑のたぬき」新CMにパックンとコルビ氏 外国人起用の背景とは

 お笑いコンビ・パックンマックンのパックンことパトリック・ハーランとフレンチシェフのドミニク・コルビ氏が、武田鉄矢の出演でおなじみの、発売から35年以上経つ東洋水産のロングセラー商品「赤いきつね」「緑のたぬき」の新CMに起用されている。

 今回のふたりのCM起用は、日本への外国人旅行者が増え続けるなか、海外から日本の食文化が注目され、そのなかでも“だし”の評価が高まっている時流に乗って、外国人ならではの視点で、発売以来“だし”にこだわり続けてきた「赤いきつね」と「緑のたぬき」の魅力を語ってほしいという同社の想いから実現した。

 コメンテーターや俳優、ナレーターなど多方面で活躍し、外国人ならではの視点でアメリカと日本の文化の違いや日本の良さを伝えるパックンは、『プレゼンテーション・パックン』篇に登場。長年日本に住んで気づいた“だし”のよさと、「赤いきつね」と「緑のたぬき」の魅力を熱弁する。

 日本の“だし”に出会って以来、その繊細な味や香りに魅了され、フランス料理の伝統を日本の食文化に融合させて発信し続けてきたコルビ氏。『プレゼンテーション・コルビ氏』篇では、シェフならではの繊細な味覚だからこそ気づいた、「赤いきつね」と「緑のたぬき」の“だし”の美味しさの秘密を語っている。

 また、CMに出演している女の子4人組は、武田鉄矢がプロデュースするグループ“赤マルダッシュ☆”として、アイドル活動を行っている。活動内容は『赤マルダッシュ☆オフィシャルサイト』にて配信中。