• ホーム
  • 映画
  • 新作ゴジラに長谷川博己、竹野内豊、石原さとみら豪華キャストが集結 タイトルは『シン・ゴジラ』に決定

新作ゴジラに長谷川博己、竹野内豊、石原さとみら豪華キャストが集結 タイトルは『シン・ゴジラ』に決定

 俳優の長谷川博己竹野内豊石原さとみが、東宝による12年ぶりの製作となる新作『ゴジラ』(2016年夏公開)のメインキャストとして出演することが22日、わかった。オファーを受けた長谷川は「まさか自分が出演させていただけるとは」、竹野内は「深いメッセージを与える作品になる」、石原は「よっしゃーーーっと家で叫びました。プレッシャーで胃が痛い毎日です」とコメント。また、映画タイトルは庵野秀明総監督の命名により『シン・ゴジラ』に決定。“シン”には、「復活」でも「再生」でもない、新、真、神などの意味が込められている。

新作『ゴジラ』脚本・総監督:庵野秀明氏&監督:樋口真嗣氏からのメッセージ全文


 脚本・総監督を庵野氏、監督・特技監督(兼任)を樋口真嗣氏が務め、“ジャパンゴジラ”が完全新作として誕生することで話題の『シン・ゴジラ』。そんな同作で、ゴジラが襲撃する現代日本の政府関係者役を長谷川と竹野内、ヒロインとなる米国エージェント役を石原が演じることが発表された。各々庵野総監督とは初タッグとなり、長谷川と石原はメインキャストを務めた『進撃の巨人』に続いての樋口監督とのタッグになる。

 日本だけでなく世界から注目を集める同作への出演に長谷川は「世界的に有名な、と言っても過言ではないゴジラ作品に、まさか自分が出演させていただけるとは。空想特撮エンタテインメントであり、大きな危機に直面した時の日本のあり方を問う社会的な側面を持った作品でもあります。ヒットメーカーである庵野総監督、樋口監督のもと、しっかりと自分の役割を務めたいと思います」。竹野内は「61年前に製作された第1作目から長い時を経て、29作目に当たる本作は、数々のゴジラシリーズのなかでも最強の仕上がりとなり、多くのファンのみならず、世界の観客の心に、そして社会に、深いメッセージを与える作品になると思います」と力を込める。

 一方、石原は「ゴジラのオファーが来たとき、よっしゃーーーっと家で叫びました」とよろこびを爆発させる。しかし、撮影の準備に入ってからは厳しい現場に身を置いていることを明かし、「台本を読み愕然としました。庵野総監督、樋口監督にダメ出しされるなかで、悔しくて涙を流してしまうぐらい、今難しい役と向き合っています。プレッシャーで胃が痛い毎日ですが、ゴジラにヒロインとして出演させていただける事に責任と幸せを感じて撮影に取り組んでいきたいと思います」とコメントしている。

 特撮も用いて撮影されるとみられる同作のゴジラの体長は、これまでで最大となるハリウッド版『GODZILLA』(2014年公開/ギャレス・エドワーズ監督)の108メートルをはるかに上回る過去最大になる見込み。製作は今年8月よりスタートし、10月末まで撮影が行われる予定。



関連写真

  • 日本の政府関係者役を長谷川博己と竹野内豊、ヒロインとなる米国エージェント役を石原さとみが演じる
  • タイトル『シン・ゴジラ』は庵野秀明総監督の命名

オリコントピックス