アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • デビュー25周年 福山雅治が支持を集めるわけ

デビュー25周年 福山雅治が支持を集めるわけ

 3月にデビュー25周年を迎えた、福山雅治が8月19日に「I am a HERO」をリリースした。25周年記念シングルとなる本作は、ドラマ『花咲舞が黙ってない』(NTV系)主題歌の表題曲をはじめとするタイアップ曲5曲を収録した豪華盤だ。

 福山は、90年3月にシングル「追憶の雨の中」で歌手デビュー。93年4月の『ひとつ屋根の下』(CX系で演じた“チイ兄ちゃん”役がきっかけで一躍全国区となり、同年11/1付にはアルバム『Calling』で初のオリコン1位を獲得した。その後は230万枚の大ヒットとなった「桜坂」など数々のヒット曲を輩出。これまで「シングル通算首位獲得数」(男性ソロ部門/シンガーソングライター部門)、「シングル・アルバム総売上枚数」(男性ソロ部門)の3部門で歴代1位となるなど、輝かしい記録も残している。

 ライターの田井裕規氏は、「あれだけのルックスであれば、男性からは多少敬遠されがち。しかし、彼は何でも嫌味なくあっけらかんと話すその人間性、ベースにある60年代、70年代の骨太フォークというその音楽性でもって、男性のファンをも取り込んでいる。曲も「家族になろうよ」など若い人も共感できるような曲を歌っており、聴く人を選ばない。25年経って、性別・年代を問わず支持されているのはもの凄いことだ」と語る。

 今後ますますの活躍に期待だ。

(ORIGINAL CONFIDENCE 15年8月31日号掲載)

関連写真

  • 3月にデビュー25周年を迎えた福山雅治
  • 初登場1位を獲得した25周年記念シングル「I am a HERO」(15年8/31付)

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019